2020年05月16日

解放したよと声がして

だって外のが明るいにゃん.jpg



イヤホン外すとコツコツと窓打つ雨音激しくて、それでもリサイズしてる間に2回も救急車が聞こえ・・・落ち着かないけどいっぷくし、今日の1猫写真をUP(°ω°)ノ



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村





今朝は偶然notoでのポチット貰った足跡で、竹系のクリエータさんとこを見て。
笹の葉で「笹の葉茶」ってのこさえると、甘くてふんわり美味しいとそんな内容見たもんで。

気になり調べて見ていたら、血液サラサラ効果とか他も色々出て来てて。
葉っぱ摘み取り洗ったら、軽く乾かし適当に刻んでお鍋で炒るだけで意外と簡単そうなので、里の神社で笹の葉を調達できるしお茶っ葉に困った時にはいいかもとぼやっと記憶に書いてたら。

前からぼんやりイメージをしていた自宅の有りモノで、自前茶葉的なんぞやの実験する気がふと湧いて。

ベランダ畑に生えている通称「謎柑橘」ちう、どの種芽生えたものなのか分からん謎のままの木の、若葉摘み取り水洗い。
前に調べてみた時に柑橘類のは炒ったりや、蒸して乾燥さすのだとエグミが増したしちゃったり、青臭さとかが微妙ってちょっと見かけていたもんで。

元々ミカンの葉っぱとか、確か南の島とかでスパイス扱いだよなぁな、そんな記憶と掛け合わせ。

ハーブティー的要領で、生葉のまんまが良いだろで。
葉っぱのビタミンその他を、しっかり染み出させるために、生葉刻んで熱湯をかけて抽出してみたわい(°ω°)


DSCN0016.jpg



で、お湯を注いで浮いてくる葉っぱも鎮めて、ゆらゆらと葉から出てくる何ぞやを眺めてみること約5分。

DSCN0014.jpg





こんな感じでとりあえず、色が見やすいようにって蛍茶碗に淹れたらば、薄っすらと若葉色した液体が綺麗に抽出されていて。

試しに一口飲んだらば、木の芽和えとかする時の山椒の葉っぱにやや似てる、スパイシーさはあるものの柑橘類ぽさややあって。

ちょっと砂糖を足したらば、美味しくなりそうだったけど、砂糖出すのが面倒で金平糖を2〜3粒。
ぽろぽろ落としてちょい待って、溶けたの試しに飲んだらば

甘み加わりスッキリと、青い柚子!Σ(°ω°;) って味がして。

飲み込み数秒した後は、ミントティーにも似たようなスッとするよな爽快なほのかな甘みが残ってて。

十分しっかりハーブとし、お茶になるものだったのだ(°ω°+)


で、やっぱ香り柚子っぽかったのと、金柑よりも葉が出るの1.5〜2カ月早いのも。
含めて総合してみると、謎柑橘って柚子なの?で。

選択肢として、オイラが土とか作るののついでに混ぜてた種からで
お婆の田舎の愛媛から送ってもらった、オレンジとミカンが混ざっているような不思議柑橘類なのか
いつかの冬至の柚子種か。

元々植えてる金柑をヒヨドリ突いて行ったのが、落ちてこぼれた種なのか。

分からんまんまで芽吹いたの、小さな鉢へと移す事7〜8年?ほど経ったのが謎柑橘なのだけれども。

そもそも果樹って種からじゃ、元と同じにならんから挿し木するのが主流だし。
そんな性質のが多いから何が育つか謎だしで、どんな実着くかは実るまで全くわからんとこあるが。

ヒョコッと芽生えて出てたのを、育てて見たらば棘があり葉っぱは大きい部分から、下にくびれがちょいあって。
金柑よりも芽生えるの、だいぶ早い(=寒冷地耐性ある種類)て特徴は。

味も含めて柚子かなで、柚子なら早くて15〜20年すりゃ実がつくし。

実がなる前でもこれならば、

夏場はそれこそスープとか、煮るとき入れたらスッキリと南国ぽい味出そうだし。

お茶も今回分からずで、試に葉っぱが込み合って引っ掛かってたもの選び、7枚使ってみたけども。
普通に一杯だけならば、3〜4枚で足りそだし。

30年とか実がならぬ予定で育てておったけど、お茶も美味しく飲めるから急に用途が開けたわい(・ω・+)


とりあえず、ホントに柚子だかそれともで違うナニカの葉っぱだか、木ごとの違いを見るために金柑飲みたいとこだけど。
最近芽吹いたばっかだし、まだまだ薄くて小さいし。

金柑実験するのには、もうちょい成長待たなきゃだ。


posted by ノラ猫ポチ at 23:49| 路地猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする