2020年05月04日

集まらなくても快適に

群れなくっても休めるにゃん.jpg



ゆるくニュースを漁り終え、温い珈琲飲みながら・・・脳を圧迫するような空圧頭痛を感じつつ、今日の1猫写真をUP(°ω°)ノ



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村




この間とある仲間と久々に、電話で色々話してて。

「日本で流れる情報は他国で起こった前例に、2か月遅れているからね(・ω・;)」
って話したが

重症化系の症例で、免疫機能の暴走がようやく国内新聞の記事に出てきたとこみると
3カ月以上もう既に前から分っていたような、ここのに書いてたデータで視える今後の予測とか推察なんかの断片をようやく報じている訳で。


ついに隠せぬところまで現場の事例が増えたなと、思っておくのが正解か(°ω°`)


んでもって


わざとやっているよね?の、本心部分を本人がビデオで発表したりとか隠すことすらしてなくて。

思った以上に国内の被害拡大出来なくて、なりふり構わず理由付け新たな被害を出すために
「首長は覚悟をもって」とかアホな脅迫込めながら、学校再開さす感じ。

ホントなりふり構わずに、わざとやっていますよね?(°ω°`)


って、いうとこを理解してから動かんと、過去の不幸な戦争の生贄庶民の二ノ轍を踏まされちゃうから本当に

目先目先の困窮や、疲弊で縋らせ権力を増強させたい勢達の、口実利用をされちゃうし権威主義には要注意(・ω・;)


ぼちぼちと、なんでこんなな状態に

って、疑問感じる人達は、『ポツダム宣言(現代語訳)』全文で、今の日本がどこからの許可で発展許されて

ソレを許した『目的』がどこに主眼があったのか。

戦争始める手前から、勝った後にはどういった計画搾取をしてくのか、そこまで計算したうえでその後なんぞをされたのか。

そこらあたりを入り口に、戦費調達する為にここのオクニが背負わされた、借金返済終わったのいつ頃なのかも含めつつ。

ちょっと漁って視てみると、学校とかでは教えない別のナニカが視える

かも(°ω°)



そもそもで宗教観とか利用して、預言を実現するために計画進めるなんてのは
現代社会でやったらば、確実『詐欺師の手法』だし、『奇人変人』扱いで速攻眉唾なのだけど。

どこの地域や国だとか宗教観でも比較的、個人に寄らない『カミサマの許可』っていうのはその昔。
土地の支配の『権限を主張』するには最適で、多用されてる手法だがソレは時代が違うので。

初期の時代に純朴で、素直に信じた人達を責めるにゃ酷ってとこだけど。
それが普通と刷り込まれ、犯しちゃいけない『聖域』と思考停止をさすことで、権威保てるやり方を代々脈々引き継げば。

人間上位の考えのピラミッド型のやり方の、『伝統宗教』界隈典型の支配搾取の機能まで温存させてく協力を、しちゃう側へととなるとこが羊(=家畜)にされない気付きドコ。


山も野原も海・川もソコに生きてる生き物も古い樹木も草花も、風雨も遠くの太陽も
礼節持たんと怒り買う、時に危険なカミサマな

自然共存発想の日本古来の神道の、土着民的考えで基本思考をしておると

最初に立ってる土台部の、『悪意』の察知をすることも、そもそも困難だけれども。


『悪意がある』って前提で、今の仕組みや常識やお金・仕事の『枠組み』を、再度見直ししてみると。

ん?(°ω°;) ってなるとこわりとアリ、ソレを守ったその先に何の幸せあるかねと、気付ける部分がポロポロと剥がれて色々視える かも。


んでもって、彼らが悪魔の宗教と弾圧してきたワシ達の、土着の日本の宗教は
『風土に根差した知恵』なので。

神〇庁系とかじゃないホントの地域の伝統の、神事や埋葬方式や神楽や土着の風習・伝承や。

そういう所に今回の、疫病なんかを凌ぐ知恵、意外と含まれてたりして。


昔は各地の神域や山の禁足地だったり、住む場が違う神社への祭司派遣に際しては、事前に近場の海・川に面した外宮や仮宮で
ひと月程度の禊とかしてからでないと神域に、入っちゃダメってなってたの。

外の地域の目に見えぬ、細菌だったりウイルスを、薬もソレらを目視する顕微鏡すらない頃に持ち込み拡散せんための、本能レベルの知恵だなで。

そうしてその土地その水で、出来た作物食う事で、土地にする免疫をつける知恵でもあるよなで。


他にも茨城山奥のとある地域の寒村じゃ、オヤジ世代(60台半ば越え)のおじちゃんが若い頃でも伝統で、
お寺を持てないその村で死者がでたらば葬式は、神社でやるとこなのだけど。
(触れたく無さそうだったから地名は聞いては無いけども、本人曰く貧乏で神社と寺の両方は持てない僻地の村だとか)

葬儀に出席するときは、一般的な喪服とか黒い服とか拘らず、一番ボロの服を着て死者の埋葬した後に、参列している人達の服を着替えて燃やすって。
たぶん何かの疫病の、大きな被害の経験を昔したことがありそうな、そういう風習様式が残る地域もあったりで。

炎で燃やしてお清めし、死者のケガレ(と言う名の細菌やウイルス)の、伝染被害を最小に抑える知恵ぽいよなと。
客観的に見てとれる、地域の伝統とかもあり。



本来『人間』そのものは、『目に見えないモノ』対応を、
視えなくってもできるよな、本能レベルの感覚や経験則での知恵とかを
文字を使わぬ伝統の行事・神事に盛り込んで、伝えていくよな賢さも本来内臓しておると、

オイラ思ておるもんで。


どうも普通じゃないなぁと、不穏なナニカを感じたら。

獣の直感全開に常に備えて警戒し、快適保って行くのよで。

そんなオイラが去年から、失敗しないでしっかりと最大限での収穫を、身近でしなきゃと思うのは。
野生のケモノの本能の、化け物じみてるカンだけど

食糧確保の混乱は極力備えりゃ役立つし、無駄にならんしお勧めか(°ω°)


そんなこんなでポチ助の出窓畑で育ててた、国産100%無農薬化け猫ポチ製ニンニクの
第二弾での収穫も、昨日こんなで無事したし。

DSCN9954.jpg



何事も『自分でできる』て安心は、たぶん何より強いのだ(°ω°)

posted by ノラ猫ポチ at 12:34| キジ白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする