2020年05月01日

暑さ寒さも晴れ雨も全部理由になるけども

猫は寝る子と書くんだにゃん.jpg



重たい頭痛の中目覚め、珈琲落としてぼんやりと写真にぼやきを書いてたら、ヒバリの囀り聴こえ出しお外が白んで朝だけど・・・うっかり寝落ちて忘れてた、昨日の1猫写真をUP(°ω°)ノ



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村




前日あたりのところから、柏餅とかちょこちょこと写真で視界に入るので無性和菓子が欲しくなり。

とは言え毎日物凄い救急車とかが走る中、柏餅のためだけに外出するのはリスクだし。
とはいえ写真が誘惑し

午後に何かを突破して、
「あ〜・・・作ろう(°ω°)」って何故かなり

「米粉 ミル 無洗米」で検索かけたらとりあえず、素材も自作をできそうで。

だいぶん昔に工作の素材破砕を目的に、お母に貰った骨董な域の電動ミル出して(たぶん30〜40年モノくらい?)。

中のコーヒーカス洗い、しっかり水分乾かして。
お米1合ゴンゴンと、2度に分けつつ粉にして。

米粉1合、砂糖少々、片栗粉少々、お湯適量、混ぜて蒸かして軽く捏ね。

適当サイズに千切ったら、かなりモチモチ感のある道明寺粉ぽい触感の、団子っぽいのができたのだ(°ω°+)

そんなこんなでやや雑な、みたらし風味のタレを着けおやつに食べたら夕飯が、
食べられないほど満腹でその後寝落ちたボケ猫ポチ(°ω°;)

まあ、そんなこともあらぁなぁ


無洗米ではない米は、一度しっかり通常のご飯炊くよに水洗い研いで曝して2〜3日乾燥させるて工程が、どうもいるようなんだけど無洗米だと手間いらず。

荒めに引いてた粉だから、ちょっと粒子がザラザラで道明寺粉(本来は乾燥餅の粉)ぽくなったけど。

これなら餡子(ストック缶)と合わせたら、和菓子欲しいてなったとき
ソレっぽいのが食べれそう(ФωФ+)


そんなこんなでまたちょっと、オイラの便利な猫の手に変な芸当加えつつ。

水耕栽培試してる出窓畑は朝方に、ニンニク一部が収穫のサインの葉枯れが進んでて。

試しに枯れてるとことって、洗ってみたらばソレっぽい形色味に出来ていて、整え陰干し実行中(・ω・*)

DSCN9923.jpg



うん、とってもソレっぽい(°ω°+)


が、実はサイズは・・・




DSCN9927.jpg



こんな極小サイズの可愛さよ(°ω°)


この玉ねぎぽいよな形状と、しっかりニンニク形状に、分球したのとしないのとどんな差が出たモノなのか。

残して育てていたモノの、球根サイズや葉の伸びは同じくらいの残したし、育成環境そのものも全く同じボトルだし。

成長パターン謎が有り、そんなところも面白く。

サイズはちっちゃくあるけども、しっかりニンニク型なのは、
サイズ的には年末に、20〜30cmは丈のある小ネギ位の葉にんにく収穫できてたサイズだし。

次の冬でのその次の、素材になるのかならぬのか。

コレも新たな実験の次の楽しみなんだよな(ФωФ+)


ベランダ畑のにんにくは、出窓の気温のソレよりもまだまだ全然寒いから、葉っぱ青々しておるしまだまだ収穫先だけど。

何も肥料も入れてない水で育ててこれならば、ちょっと期待ができそうか(・ω・+)

posted by ノラ猫ポチ at 05:10| 眠り猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする