2020年04月13日

獲物を狩るなら気を逸らせ

隙を突くのがコツなのにゃん.jpg



緊急車両が多くって、落ち着きないまま夜になり・・・日付が変わってかうまえに今日の1猫写真をUP(°ω°)ノ



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村



お日様上ってくるまでは、黙々情報漁りして。
日の出に照明OFFにして、寝落ちて目覚めた午後以降

起きておる間にもう既に救急車だけで8回と、水防絡みのサイレンと、消防車系の救急の火事じゃないほのサイレンを各数回ほど聞いていて。

天気に由来をするとこの体調不良の勃発か、それともアレらのナニカだかかなり怪しいとこだけど。

オイラの潜伏する区でも公式サイトの発表で、3ケタ台ではないものの結構件数出ておるし。
むしろ当初の予測より強毒性のの拡散は、むしろ運よく遅くなりソレが油断を読んでるし後者であっても驚きは
正直なんにもないのよな(°ω°`)


そんなこんなな状況で、世田谷・新宿・港区はダントツ数字が多いけど。
逆に豊島区あたりとか池袋つうアングラなエリアも含んだその町と、オフィス街とが混ざってるあの土地柄での件数でむしろ不自然さしかなく違和感とかしかなかったり。

既にかつての修理屋の顧客先での感染や、弟絡みのお客での施設閉鎖の消毒や、身近なところもずいぶんと実名上がってて。

わりとリアルに色々と思いだせちゃう人達が、無事であったらいいけども。
ドアホウ上司やメーカーに、大した防護もさせぬまま指示をされてもお客への使命感から断らず、従っちゃうよな人いるし

そういう部分の風よけや真向対決けしかける、オイラはとっくに居ないから
(ソレでできると思うならお前が行ってやってみと、言って脅していたタイプ)
ホント心配なんだよな(°ω°;)


そんな心配ありつつも、猫はお家で黙々と先を見越して状況が、転がりまくって行く先の対策強化をしとるけど。


あからさまって言うくらい、あからさまでの煽りにも、素直に煽られまくってる真面目人間多くって。

バカを馬鹿とし祀り上げ、あえてオバカさ曝させて叩き放題させるには、当然台本書いている側の思惑あるわけで。

ナニを隠してどういった方向性での論調に、自分が誘導されてるか気が付けないなら危うげな。

今のオバカの退場で『強く頼れるリーダー』の、援助を餌にぶら下げた監視含めた管理での強権支配を望むよな声に誘導されそうで。

相手にダメージ加わらぬサンドバッグを殴るのも、ソコに隠れた根本の仕組みの歪みに気付くのの
入り口利用をする以外、止めときなされと思うとこ(・ω・`)


後は叩きはしなくてもイライラ感情持つような、事を鬱積させながら
生きる地力をつけんよに誘導されたりしたりとか、
余力削ぐほに全力で行動制限されたりや、
ソレに対する限界で反発行動することで、暴力含めた強権を振るう理由を与えたり。

そういうタイプの展開は、過去の歴史で何べんも振るわれまくったモノだから


翼を左右に振り分けて争いするよに魅せたって、
翼生えてる本体はそもそもひとつの身体だし。

1の大将と2の大将が喧嘩をしているように見せかけて、
最初から実は用意をしてあった3へと誘導するとかも
ホント見飽きた定番で。


権力者たちが率先し『戦争』状態なんていう、ワード使っている時は。

庶民に対する不都合な支配強化を無理やりに、望ませ強行するための

詭弁の罠とか「偽旗」も含めて見るのがお勧めか(°ω°;)


とりあれず、露骨にスマホを利用した位置情報での管理とか、顔認証での追跡や電波強化の実験や。
特定企業の無料でのアプリをやたらと利用して、入札も通さず癒着して情報収集するとこや。

生活部分に直結の、水や種やら公共のあらゆる部分の切り売りや、他国で使えず販売も出来ない毒物売りつけや、汚染物質ばら撒きにこっそり加担をするとこや。

こんな状況状態で、社会保障と言われてる部分の縮小強行や。

キリが無いほどド腐れたことを強行さすのには、おだてりゃヒョイヒョイ乗っかれる馬鹿を担ぐと最適で。

全部仕込みが出来たら後、馬鹿を退場さすことで仕組み引継その後で『誰』を祀って上げるのか。


神社の上層界隈の人等がこぞって万歳し、水害被害も無視をした盛り上がりとかしてたのと。
今とこの先書かれてる台本あたりはキモいほど、繋がりありそな色味だし。

善人のフリして出てくる祀られた大物タイプのニンゲンに、注意が要るって言うトコは。

世界の主要な宗教の起こりの時期からもうずっと、変わらず続いておることは
見落としたくないポイントか(°ω°`)


posted by ノラ猫ポチ at 23:59| 車と猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする