2020年03月18日

道を挟んで見つめ合い

DSCN0062.jpg



土鍋でご飯をサッと炊き、程よく蒸れるの待ちながら・・・SDカードに眠ってた写真を発掘リサイズし今日の1猫写真をUP(°ω°)ノ

撮った当時は同じな子達がばっかになるからと、厳選したのをUPしてそれで忘れていたけども。
選ぶ基準が直後だと、大きな動作があるものや可愛い感じになりやすく

数年開けつつ見てみたら、結構好きなんだけどなな写真なんかもわりとあり。
好みの変化や気づきとか、わりと面白いんだなぁ(°ω°)


猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村



出窓畑で待ちわびた、紫蘇が芽吹いて双葉から次の二枚が出てきたり。

ペットボトルの苗床も、遅くもジワジワ育ったり。

ソレの反面苗床の、葉っぱの緑が黄ばんでて、PH調整実験で石灰若干加えたり。


水耕栽培実験は修繕工事が入ってた今冬初ではあったから、勝手が色々違っててホント手さぐり状態で。

お爺やお母が良く使う液肥使えばそれなりに、サクッと育つのだろうけど。

化学薬品使わずに、栽培してたいお年頃(°ω°)


今のとこ発芽が早いは水菜じゃが、芽吹いた後での成長は

葉大根>>法蓮草>サンチュ>>>水菜・紫蘇・菜っ葉>>>>>>パセリ

って、そんなこんなな感じじゃが

こっから気温が上がったら、さてさてどうなる感じかの(°ω°)



DSCN0263.jpg


DSCN0261_2.jpg



いやしかし、やっぱしそ科の双葉って、まるこくって可愛いわい(°ω°+)

外の土での発芽だと、4月中旬くらいから5月頭の発芽だし、3月半ばでこれならばうまくいったら早そうだ。

パセリはそもそも種からの発芽後最低ふた月は、パセリと呼ぶにはひらひらと薄く小さな平面の葉っぱがちょこちょこ出るだけで、まともな苗へと育つのに三月くらいはかかるからソレも承知の上だけど。

意外と水菜の成長が、2〜3週間遅れての法蓮草にも負けるとか。
土で育てる時とかと逆転している感じだし。

間引き菜程度の収穫がここから取れるにゃまだちょっと、ひと月以上はかかりそなそんな感じはしてるのだ。

posted by ノラ猫ポチ at 21:13| 猫背 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする