2020年03月13日

隙間に静かに身をひそめ

防御してても気になるにゃん.jpg



うっかり昨日も寝落ちてて、起き抜け湯を浴び洗濯の浸け置き洗いの仕込して、黄ばんだ色した空眺め・・・今日の1猫写真をUP(°ω°)ノ



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村



今日の今後の発表でどんな荒れへと進むのか、地面の動きもひっくるめ不穏要素は多い朝(°ω°`)


こんだけ時間があったから、備える人等はもう既にそこそこ備えておるだろが。

余裕かまして「今まで」のままで過ごした人達の、今後の混乱状態が更なる危険を呼びそうで。

『備えよ常に』じゃあるけども、野生のカンでも今月は分岐点的数字すら姿が視えないわい(°ω°;)

強いて言うなら13、18、24あたりがもったり灰色のヘドロの中から浮かぶけど
静かにモッタリ泥沼に足を取られていくような、運気の流れの時世だし沼にゃ落ちたくないわいな。



緊急事態にかこつけて、末期の足掻きでどういったモノをけしかけしてくるか。
最早隠すきなんてのも、なさそな勢いつけながら、庶民の刃向う力削ぎ実験動物・削減をわざと仕掛けているようなそんな風味がつよいのは。

このクニと荒事しかける上層部分が同じな米国が、どこのクニとの往来を制限するのか・しないのか。
検査の数字や実態が示す危険は同じでも、発表しておる内容の格差が矛盾を示してて。
そういう部分に傀儡子の本体部分の糸・紐の、ルートと見飽きた台本の作者の居場所が視えるなと思う2020春。


児童文学だったかで小学校での作文や、中学以降の演劇でオイラ世代にゃ馴染みある

ミヒャエル・エンデの『モモ』にある、時間をお金に換算し奪っていくよな存在の、リアル版らのけしかけを
「経済が―」って言わないで、見抜く視点をどれくらい取り戻したりできるのか。

虚構の数字でできているお金が紙へと代わっても、

それぞれ持ってる能力や知恵や技術は使えるし
今在る住処や持っている道具は突然消えないし
種は蒔いたら芽が出るし


ナニが本当に大事かは、意外とシンプルなんだよな(°ω°)







ラベル:白黒 ぼやき写真
posted by ノラ猫ポチ at 08:32| 白黒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする