2020年02月06日

耳を向け見つめる先には

RSCN6225.jpg



お湯を沸かして紅茶淹れしっかり蒸れるの待ちながら、今日もギリギリ思いだし今日の1猫写真をUP(°ω°)ノ


今日の写真は本当に10年位は前のので、撮った当時は看板にガッツリ地域が写っててUPしなかったのだけど。

これを撮ってたその当時、すでにミケ姐年齢がかなり老猫だったのと。
地域猫らを世話してた、お婆もなかなかお歳だし。

そんなにしょちゅう行くような、場所じゃないけどもう既に。
世代交代起こらずに、ここの公園界隈で猫とお婆に合う事が無くなっちまって早数年。

看板写っているけども、時効かなぁっていうことで、
とってもとっても懐かしい写真で今夜の更新だ(°ω°)


猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村




明らかにパンデミックの様相が、日に日に増してる今日この頃。

里の神輿のリーダーと、新年会に絡めてのそこらあたりの会話して。

リ「ヤバイかなー」

ポ「海外情報見てるけど、かなりの率でヤバイねぇ」
 (ザックリの把握状況説明)

リ「やっぱ中止がいいのかなぁ」

ポ「無理に新年会やって、感染原因とかなっちゃって
  あん時ムリやりやらなけれやりゃ、ナントカさんは(((;д;))) とかなったらば、取り返しなんてつかないし。
  回避可能な状況で無謀な実行することで、オイラこの先一生を
  そんな業なぞ背負い込んで、生きて行くなぞイヤだわよ(・ω・`)」

リ「だよなぁ、っていうか俺もそんなん背負いたくないよー」

ポ「いやホント、リスケ可能な飲み会で背負うことじゃぁないだわさ」

リ「だなぁ、落ち着く頃とかに花見かなんかにでもすっか」

ポ「ん、それがいんじゃね(・ω・) 来週にはもうちょい状況分るわさ」

リ「じゃぁ、最終決定は来週で皆に話すっかー」


そんなこんなで取り合えず、


里の仲間は日頃から荒い神輿の祭り場で、参加しておる人間の命の安全預かって活動しておる立場だし。
話しすんなり通じるの、ホント安心感あって。

今ココで『何を大事にするのか』を、先を見越して考えて判断するっていう時に。

普段オバカをやってても、『見栄』や『メンツ』や決まってる『予定』なんぞに囚われず。
ついでにお次の楽しみも考えたりとかしちゃいつつ、出来るこういう人柄が。

やっぱリーダー向きだなと、実感できちゃうとこだよね(・ω・)


普段オイラはもう既に、神輿の仕切りの一線は一歩引いてて次世代に色々任せる立場だし。

細かい仕切りのやり方や足りないとこには口出さず、口出ししたくてしかたないお母がニャーニャー言ってても

失敗したらばしたらばで、奴らが困ればいいんだし。
何かが足りない困ったで、死人が出るでもないんだし。

ソレで段取り遅くって、出来ると思っていたことが出来ないつうのを知ることも
若手の大事な経験じゃい(°ω°)

って感じで大抵は、失敗するのが視えておることでも仕切りや段取りで。
大怪我や死人出そうな間違いや、修復不能なお神輿の損傷出るよなこと以外、
出来るっつうならまずやらせ、体験させたらええがなな

そういう方針なのだけど。

逆に失敗することで取り返しようの無いモノは、背負わせる気は無いもんで。
例えガッツリ上層と、揉める事態になってでも。

「責任負う」とか「負わん」とかそんな言葉で解決を、出来ないレベルの間違いは。
全力阻止する考えを、相手が上でも若手でもオイラァ譲る気ないとこで。

「嫌ならばアンタが出なけりゃいいでしょ」て
お母みたいな回答が、来なくて本当良かったわい(°ω°)

posted by ノラ猫ポチ at 00:00| 公園猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする