2020年02月02日

逢魔ヶ時に浮かぶ影

RSCN0335.jpg



ちょっとひんやり冷えて来て、紅茶を沸かして淹れながら・・・今日の1猫写真をUP(°ω°)ノ



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村



色んな情報バンバンと日々日々出てきているなかで、良いと悪いが混沌と混じりあってる日々だけど。

今日の良いほの情報は、有効治療の情報で。
中国本土で記憶だと1週間んちょい前頃に、重症肺炎状態の患者にインフル治療薬1種・HIV治療薬2種類で回復したって情報が発表されてたのだけども。
タイで同様治療で1例と、アメリカでエボラ治療薬使用して1名ずつの回復が認められたて症例が出てきているっていうとこで。

後はようやく今日になり、
ずーーーーっと回復者数<死亡者数であったのが、回復者数>死亡者数になったのが。

そもそも中国発表は悪いことは極性に、良いのはとことん大げさに発表するって性質で。
日本と同じく検査すらされず母数に書かれない、死亡や感染事例とかかなりあるって告発が共通していて出て来てるそんな事情もあるもんで。
全部を加味してみたのなら、死亡者数のカウントは安易に楽観できんけど。
回復しておる症例が着々増えてるとこだけは、良い兆候ではあるかなと。


んでもって


今日1おっとろしいくらい、悪い予兆の情報は
人間に感染したらば致死率が60%と言われてる、鳥インフルが混乱の中国内で出てること(°ω°;)))

もう一個悪いニュースは国内の、検査する気がなさそうて予測情報ちょこちょこと数日前から書いてたが。

『3条件(武かんに渡航・呼吸器系症状あり、発熱37.5℃以上)』を満たさんと
判定検査をしないって、公式発表出て来てて。

既に発症前からの感染力があることも、発症してない感染で2次感染まですることも、確認されてる昨今の何とも一致をしてなくて。
この条件ならチャーターの帰国検査で感染が、既に確定した人も条件漏れとかするくらいザルって言うか底抜けで。
明らか故意での拡散をする気満々でしょうって、言いたくなるよな状態で。

『アンダーコントロール(数字だけ)』て、見飽きすぎてて感覚がマヒしちゃいそな定番の
ダマし対応全力で、投球してるの確定で。


有効治療になりそうな、事例がちょこちょこ出て来てて
症例重ねて行ったらば、方法確立するかもで。

そんであってもそもそもの、検査する気がなかったら
当然ソレらの方法の、対象にすらもされないし。

既に日本で感染をしてしまってる人物が、他の国へと渡航して向こうの検査で発覚をしたって症例2件出て。

とっくにワシらの住んでおるオクニは感染拡大の、危険地帯に成り果てておるって残念情報な(°ω°`)


信じるものがとことんに騙され続けたその結果、こんだけあらゆる状況が低迷・混乱・衰退の限りをつくしておるてのに。

そんなこんなな状況で、未だそんなに新型はそんな心配してないし、国内の感染者数も増えないし大丈夫でしょて認識の
ええ歳しておる大人らがほぼほほ大半ぽいような、空気が蔓延しておって

猫にゃ意味わからんわいな( ̄ω ̄;)


その他で新たな情報は、バスの感染段階で疑われていたとこだけど。
アメリカ研究機関での確認取れてる情報で、感染しておる人間の大便からもウイルスが検出されるつうことで。
トイレや下水で発生をしてくるエアロゾルとかも、感染ルートになりそうで。

ノロと同じく吐瀉物や下痢の処理とかする時は、防護しっかりしたうえでシッカリ殺菌することが感染予防の重要なキーになりそうちうことと。

チャーター帰国の一便で最初体調不良だが、陰性反応だったて人が陽性反応になりましたって情報で。
ココから考えられるのは
・初期から言われておったけどインフルエンザと同様で、検査した時期が早いと判定がきちんと出ないときがある。
・帰国当初の症状はただの風邪だったのだけど、飛行機その他の移動とか宿泊施設で2次感染してしまってる。

コレはどっちもあり得るし、やっぱ検査をしたとこであてにならんて決め込みをしてしまうのは尚早で。

中国側での最近の、濃厚接触扱いの基準なら
・感染者と衣食住を共にした者
・感染者と15分以上会話をした者
・感染者と2時間以上密閉された空間に同席した者

とかだから、飛行機も、移動の車もなんならば、狭い部屋でのギュウギュウな記者会見した記者達も。
一度検査で感染が確認されててなんでだか、ホテル待機になっていた観光客の使用した施設スタッフさん達や交通ルートで偶然に同乗しちゃった人達も。
国内感染症例のバスの関係者(オイラ的には特にトイレ付のバスだから清掃員が心配)達も、その時の観光客ら全員も。
彼らが訪ねたその先の、お店や施設で対応をしている人達とかまでも。

感染リスクが十分にあるって、そんななお話しで。

ようやっと感染研だけではなくて、京都で一日検体を60検査が可能って施設の整備が出来たってニュースが出てきていたけども。

そんな程度の数量じゃ検査しきれん人数の、感染被疑者がもう既に溢れる条件満載で。

注意しなけりゃどんどんと、ネズミ算的加速度で日に日に確率上がってくロシアンルーレットなのだが。

弾数増えたら避けるのの方が無理ってなっちゃうし、まぁまぁそこそこ本当に静かに危うい危機なのと。

後は向こうが色々と混乱しておる状況で、春節終わりに見越してた輸入も危うい感じだし。
食品だけではないとこのあらゆる素材や商品を、海外頼りにしてるのの影響なんかもぼちぼちと。

出るのはかなりの確率で、濃厚だったりしてるから。

日々の備蓄やストックを、十分してない人達は
マスクパニックみたいのになったりしだしてまうまえに、混乱招かず粛々と備えするのも肝だわな(・ω・`)

そんな我が家はボチボチと、出窓畑のニンニクが春に枯れだすその後を見越して新たに水耕で
水菜・葉大根を先週に、サンチュ、ほうれん草をついさっき、水耕栽培できるかの発芽実験始めたし。

葉大根は今のとこ、気温が低すぎダメなのか発芽してこんのだけども。
水菜は発芽に成功し、双葉にょきにょき出てきたし。

自分で作れる安心て、やっぱ何よりデカイのだ(・ω・)

posted by ノラ猫ポチ at 23:59| 猫背 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする