2020年01月28日

立ち止まりカメラの気配に振り返り

DSCN0162.jpg



だいぶ状況出て来てる情報漁りをして、いたらあっという間に真夜中で・・・激しい雨音聞きながら今日の1猫写真をUP(°ω°)ノ



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村



とりあえず、昨日時点でもう既にN95系マスクとか、通常価格の10倍を軽く振り切る勢いの
ありえんレベルでぼったくるネット販売続出で、あまりに行動えげつなくだいぶ呆れてたのだけど。


鈍足過ぎてた国内の行政公式&マスコミが、国内の初の感染流したら更に酷いの増えていて。

普通にワシらが通常の作業道具を買う場所で、5千円とか出したらば買えるレベルのランクのの
防塵マスクが10万を超える価格で出ていたり、
オイラの持ってる石綿研磨も対応の反面のタイプのやつよりも、低い規格の製品を『防毒マスク』で売ってたり(一応ギリギリウイルスは防げるレベルのやつだけど、毒ガス耐性なんてない)


恐怖が蔓延するときに酷い商売する奴が、既に跋扈をしてるから
そういう商売する奴の買い漁りでの品切れに、焦り感情煽られぬ注意が必要そうなのだ( ̄ω ̄;)


まともな販売店だとか、メーカー公式販売は
通常通りの値段だし、販売個数の制限で混乱防ごとしておるし。
ちゃんとまともな購入のルートは存在してるから

マスク数十枚とかを20〜30万超えるよな、値段で出してるバカタレが味をしめたりするような煽られ買いとかせんように
しないと悪意の爆買いを、余計煽ってしまうのだ(・ω・`)


今回やたらと予防でのN95系装着を、煽る感じの発言も巷で初期から見かけるが。
(ちなみに排気弁が有る物は無意味て嘘も出てるけど、感染しておる人間が使うと弁からの排気で拡散するけども、未感染ならウイルス含めた防塵性能は当然普通に問題なし)

そもそもで使い捨品なんかだと、N95とか物凄く呼吸抵抗高いから。
呼吸器弱めの成人や老人・子供は使えんし、健常者ですら慣れないと呼吸しんどく動けんし。


酸素濃度や装着の連続時間を筆頭に、使用制限めちゃあって守らず使うと酸欠で高山病にも似たような体調不良を起こすわで。
健康体でも間違えば、むしろ健康損なうし。

それよりだいぶん呼吸時の吸気・排気の抵抗が、少ない防塵対応の本格半面マスク(RL3)でも。
日常のトレーニングや外出時マスク2重につけるとか、
年末以降でなんでだか外気で体調崩すから、家の中では慣らし兼ね半面しておるオイラすら

普通の室内行動で2〜3時間とか着けとると、外した瞬間本当に呼吸の楽さを感じるてくらいに負担がでっかいし。


サイズ合わないタイプので、間に隙間が出来たらば。
不織布マスクをするよりも、意味ないレベルになるものにアホ程高額かけるなら。

サージカル系マスク買い、2枚重ねてその間に濡れた薄布挟み込み、顔にしっかりフィットする調整しっかりするだとか。
そういう対応するほうが、よっぽど粉塵・ウイルスの吸入防止はできるから。

震災直後に某場所が爆発しちゃったその後の、避難方法とかとして流れた対策方法が、吸入予防の方面はそのまま併用できるのだ。


実際爆発しばらくで、近所で普通に目立たずにしれっとN95の使い捨てのを置いていて、大して高くもない額で箱売りひと箱買ったけど。

還暦手前(当時)の母ちゃんは、試しに1枚渡したら呼吸しんどく無理だってすぐに音を上げギブしたし。
ネタっぽいよにちゃかしつつ気にして欲しがる知人には、普通にほいよてあげてたが。
試しに使った面々も、「ポチこれちょっと苦しくない?」って健康な30代とかくらいでもだいぶびっくりしていたし。


予防対策するのなら自分に使えるものとかが、どういうタイプのモノかって知っておくのは重要じゃ(・ω・;)


現状公式情報や国営ニュースの内容で、既に確定してるのは

・発覚しておる症例の、潜伏期間が1〜14日くらい
・飛沫感染⇒する
・飛沫核感染(飛沫が乾燥した後の再浮遊での感染)⇒不明だが無いとは言えてない
・ウイルスの表面脂質を破壊する、アルコール・石鹸(界面活性剤)での消毒や洗浄などは効果あり
・中国のベテラン医師への感染は、目の粘膜から疑い
・向こうの現場の対応は上の事象の発覚後、マスク装着だけじゃなく保護ゴーグルや全面のフェイスガードをしだしてる
・自覚症状でなくても、感染力は持っている(中国で無自覚無症状の子供から家族5人感染の情報あり)
・夜のニュースの情報で発症者内の重症は4人に1人
・人⇒人間の感染は、先週の医師の発病情報段階で既に黒説だったけど、未渡航国内感染で完全黒
・中国公式発表の数字の比率を見ていると『回復者数<死者数』で、入院レベルの患者では回復者数が・・・



そんなこんなな情報や画像が向こうで出ていても、ちょっと前までインフルと同じ対策しておれば心配ないだのなんだのて
過剰な楽観情報を、流しまくっていたけども。


日本人間感染も含めてしっかり対策し、そもそも娯楽や息抜きや行かなきゃ行かんで済むような、断り可能なレベルでの外出だったら控えるが正解だろうて雰囲気は。
先週時点でもう既に分っていたっちゃいたけども、ジワジワ確定情報が揃いだしてる段階か(°ω°;)


そもそもで、インフルエンザの対策と同じと言われた段階で

毎年毎年飽きもせず薬・ワクチンあって尚大流行とかしまくりの。
インフルエンザを真っ当に認識してたら安心の、要素はどこにも無いことに

普通気付かん?いやマジで(°ω°;)



そんなこんなでボチボチと、備蓄意識が出だしたり普通の中では敏感な人等もぼちぼちしだすから。

『混乱が起こる手前で備えよ』も、早けりゃ数日程度でもモノによってはどうなるか怪しい気配の2020


この国の発表自体は各地での、災害対応鑑みりゃ
責任逃れの言いかえを混ぜた『混乱抑制』でヤバさは被害が隠せない段階いかなきゃ認めんか、もはや被害がでていても基準換えして認めずに被害者消えるのまちよるか。

封鎖しなけりゃいかん場所、封鎖もしてないどこんではなくって復興アピールで、安全基準を書き換えて汚染拡散進めたり、保障打ち切りしたりとか。
既にしていおる人間の、行動なんだしアレよねで。

後から誰かを責めたって、命や健康なんてのは一度無くしてしもうたら金を積んでも戻らんし。


自分で自分の心身や大切なモノの責任は、背負って判断するんだて気概が持てんとこの先は

例えエライの側とかで、胡坐かいてる人等でも
誰か任せじゃ切り抜けは、出来ない時世の色・味が更に増してはおるなぁと

化け猫視ていて思うのだ(・ω・`)


そんなこんなでちょこちょこと、2月もわりかし特別な感じのライブがあるけども。
今週来週あたりでは、潜伏期間を加味すると危険レベルの判断の全貌まだまだ出きらんし。

普段の生活環境やエリアも全くごちゃまぜな、不特定多数が特別感とかで体調不良も気にせずに(なんならちょっぴり自慢げに)集まっちゃうよな密室で。
人がひしめきあいながら、汗や唾とか明らかに感染してたらアウトねな飛沫飛び散る空間に、観光者とかもめっちゃおる都心部通って行くだとか。

周りを巻き込みかねんよな感染リスクは取れないし、そこは割り切りさっくりと我が道オイラは歩くけど

ここまできたらばもうホント、やれる対策した後は運しかナイかな
いや本当(°ω°`)

ラベル:チャトラ 塀の上
posted by ノラ猫ポチ at 23:59| 塀の上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする