2019年10月25日

寝ぼけながらもシッカリとこっち来んなと睨まれて

DSCN0209.jpg



珍しく冬眠前の熊のよに胃腸の収まりつかなくて、一日2食で良い筈が3食目となる夕飯をスルスル吸い込み食べ終えて・・・今日も1猫写真をUP(°ω°)ノ



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村




15号でももぉ既にダメージいっぱいいっぱいな千葉・神奈川を中心に停電続きのこの秋に。
更にダメージプラスする、大雨被害が増えた今日。

古来から日本の風土の性質で、夕立ち西日な平常の出たかと違った虹とかは、地震や悪天候とかの前触れ的に語られる凶兆扱いではあるが・・・
ここまで本気を出さんでも、いいんじゃないかて威力よな(°ω°`)


19号が過ぎてから、ほぼほぼ毎日どこかしら停電しては復旧に数時間とかかかるのが頻発しておるこの感じ。
無理やりの仮復旧をした場所の強度不足であったりや、強烈な風雨の細部の浸水の後追い劣化のダメージや。
きっとそんなんだろうけど、こんなに雨っていうだけで停電しまくる感じとか。

コストコストと呪うよに、メンテ部門を削減し。
目先の金だけ見て来てた、そういうツケなんだろうけど。

同じ強度のモノ作り復旧させてもこの先も、同じ被害を出すのだし基本構造そのものの見直ししなけりゃなのだろな。


どうか被害が少なめで、どうにか終わって欲しいって
思うと同時に、こうやって今ある地形も色々な自然現象積み重ねできたモノでもある訳で。

人間がどんなに勝手に線を引き、自分のモノって言ったって、地球やその他の生き物にゃ全然関係ない訳で。
地形が固定化しないのが自然自体の性質で、普通の事なのだろうなとボンヤリ思うお年頃。

とは言え方々浸水や停電断水情報で、出てくる地名に繋がった色んなお顔が浮かぶから。
やっぱ被害は少なめに無事で終わって欲しいって、ついつい思ってしまうのもやっぱ人情なのだよな。




posted by ノラ猫ポチ at 23:50| 路地猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする