2019年09月13日

門柱の上でギロリと番猫し

DSCN0251.jpg



プリンタ無しでの久々の仕事で視力が辛いけど・・・冷めたコーヒー飲みながら、今日も1猫写真をUP(ρω*)゜o。



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村




ここ2月ほど何でだか現場は忙しいのだけど、忙しすぎて提出の書類が全然回らずで図面のネタが届かずて。

過去にはないよなパターンが、ずーーーっと続いてたのだけど。
(入札あんま取れなくて、仕事来ないはわりとある)

一昨日ふいに接触が悪いマウスの買い替えを、したほが良い気がしていたら
予告はされてはいたけども、ドドッと仕事かきたんだな(°ω°ノ)ノ

お役所提出書類だし、JW使ってるんだけど。
真ん中のスクロールボタンが通常のソフトと機能が違ってて、ソレ使えんと拡大・縮小・移動って基本操作もできんから。
マイクロスイッチ摩耗してほぼほぼ効かない接触じゃ、まともに作業になんないし
買い替えしといてよかったわい(°ω°)


地面も空気もピリピリと嫌な苦みが出てるから、備えよ常にで体力の回復その他も気にしつつ、
普通に仕事が来たときは普通の仕事もするんだな(°ω°)


2〜3カ月前だかに、保険会社で仕事する知人に聞いてた話では、未だ大阪北部とか去年の台風被害とか、
瓦や大工が足りなくて直ってないとこ多いって、言ってたところにコレだから。

急ぎ対応優先で、地震(3.11)で壊れたポチ助の里の神社の工事とか、またちょい遅れるのかなぁなんて。
そんなこんなも思いつつ。

神輿でも、ライブハウスも、仕事でも、里から転居をした人も千葉にはいっぱいおるもんで。
被害情報見るたびに、片付けを手伝わなきゃな勢いの被害がないのが良いけども、
実際どうだろうなぁてのは諸々気になるここ数日(・ω・`)



去年の時より神社では大きな倒木無かったし、里も建築しかけてる木造家屋が安全の対策してなくシートごと足場が倒れてがっつりと2階が損壊してるとか。
ポチ助の腕の太さある枝がボキボキ落ちてたり、そんな程度であったからまだマシかなぁと思ったら。

昨日はお母とちょこちょこと、書類絡みで落ち合ったついでに寄り道してみたら。
城南地域もそこそこに倒木ガッツリしておって、倒れた向きが逆ならば家とか電線アウトって
そういう場所がわりとあり。

ただただ運が良いだけで、本当に明日は我が身よな(°ω°;)


DSCN0247.jpg

(この公園はもう1本、似たよなサイズが倒れてた)

DSCN0248_2.jpg

(暗くてわかりにくいけど、人間と並べてみるとこんなんね)

DSCN0242.jpg
(そんなでもポチ家の場所って本当に里芋すらもこんなだし、半径10キロ以内でも時空の歪みがあるんじゃ?てくらいに状況違うのな)




去年も神社で思ったが、ココのもそうだがデッカイと手鋸で落とせる枝以外、チェーンソーとか重機とか手配できんとこうなるし。

伐木(大径木)の資格って、去年調べて都内には取れる場所ってないんだが
助けてもらうん待つとかは、オイラの性には合わんから

災害ばっかのこのご時世、安全知識や資格とか現実的に使うのはやっぱ取っときたいのだな。


ソコまでの備えはそれぞれ向き不向き、色々あるから誰でもが要るモノとかではないけども。

今回の台風情報見る限り、首都直下だとか東海の予測エリアな千葉ですら。
未だに数日復旧ができない程度も耐えられぬ、備蓄状況だってのが露見したって面もあり。

コレが東京規模ならば・・・考えたくもない訳で。

ことが起これば最低で家屋倒壊せん限り、2週間分自らで生きれる準備をしておけと言われる東京近県でコレなのかって現実に。
お国がうんたらかんたらも確かに大事じゃあるけども、自分(達)の力で『生きる』ってなんだっけね?って思うとこ。



とか打ってたら、母ちゃんの級友家族が住んでいてオイラも遊びに行っている東金某所もようやっと、
停電復旧したらしく安否確認無事できて、停電断水したけども家とか無事だし一安心(・ω・)


助ける母数が多すぎる首都圏型の災害は、早々に助けは来ない当然に


が、今回ハッキリしたわけで。

そもそもの助ける母数を減らすには、他人事や対岸のうんちゃらとかじゃなく
明日はわが身の感覚で、日頃の備えをして欲しい(・ω・;)


こないだお母と話してて、「アンタみたいに独り者ならできるけど、子供がいたら無理なのよ(イラッ)」って言われたが。

体力余った成人の中年世代のワシよりも、移動の体力ないような子供や老人とかのほがよっぽど備えは必要で。
被災してからその事をいい訳とかにしたとこで、その場に存在していない物資は湧いては来ないよと。

オイラは常々思うのだ(・ω・`)


ポチ助の標準装備のライトだと、

外灯が消えた道(=里の神社の鎮守の森な女坂)でもサクサクと、単四電池3本で4〜5時間歩ける光度があるやつで。
作業着のナックルとかでも売っている、鉄部にくっつく磁石とか服に挟めるクリップもついてるこのこ(MLW5Wミニワークライト)が小さく明るく優秀で。

室内で長時間をそれなりの、小さな明かりで過ごすには
単三電池3本で70時間は使えちゃう、パナのBF-AL01ランタンシリーズが手の平サイズで優秀で(本の文字を読むのには直接ライトをすぐ横に置かなきゃならん光度だし、暗い道を歩くには照射範囲が狭すぎる)。

上の二つは日常で誰でも持ってて損はなく、お手軽タイプのモノだけど。

10畳くらいの広さでも、4時間前後くらいなら光度もそんなに弱まらず余裕で作業をできるのが。
単三電池3本でちょっと大振りだけれども、角度調整までできる鉄部に張りつつ磁石とか、吊り下げフックも着いていて、若干暗くも長持ちな懐中電灯タイプでの1灯ライトも備わった
作業着ナックルとかにあるこの作業ライト(sl-w250r6a)もお勧めで。
(照明自体が着いてない日没後の神輿蔵での作業とか、除夜祭の真っ暗闇の中でやる参道周りの照明配線作業ではだいたいコレを使ってる)

どれも千円ちょこちょこで、買えちゃう程度のモノだから。
普段使いで持ってても、きっと損などない筈だ(°ω°)


ポチ助的にはもうちょっとガッツリ今より備えるにゃ、携帯性と性能でsuaoki 25wのここらのパネルも欲しいけど、どうせならエネループだとか相棒のカメラも充電したいから、接続可能な使用とか機能で現在検討中。

東京は公共の助けは来ない前提で、生活していく場所だから。
安全な水とか土とかないとこも、含めて脆弱過ぎちゃって色々備えがいるんだな。

ラベル:グレ白 塀の上
posted by ノラ猫ポチ at 19:41| 塀の上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする