2019年08月29日

夕暮れの空き地にポツンと

DSCN9304.jpg



一昨日壊れたプリンタのエラーコードをちょい調べ、プリントヘッドを取り外しお湯を入れ換えしながらで湯あみをさすこと5〜6回。
ぼちぼちインクが出なくなり、眠い眼をこすりつつ今日も1猫写真をUP(ρω*)゜o。




猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村



「会合の時〇〇の印刷したのを持ってきてくれるかな」
「ウッス了解す(・ω・)ノ」
と、言われた分はサクサクと、普通に印刷できたけど。

あ、言われてないけど去年のの実績記録も出さないと、話し迷子になり出すしそれも印刷してしまおう。
と、思い立ち打つこと3枚・・・

「カセットに用紙を補充してください」のメッセージ

用紙を補充しスイッチを押してイニシャルが走ったら、突如電源と紙切れランプが交互での点滅パカパカ繰り返し、PC画面を見てみたら
『修理が必要なエラーが発生しました』と赤い不穏な背景のプリンタイラストどんと出て、そっから起動のし直しやセンサー清掃してみるも。
ヘッドのイニシャル動作中途中で止まるを繰り返し

印刷まったく出なくなり、出席者内にPCのメール使える人とかが残念ながらいなくって、
配布資料はナシにして、ファイルに閉じてるモノを見せなんとか切り抜けした火曜(°ω°)


で、インクジェットは本格でバラし修理をする時は、修理環境作らんとインクの汚れが付くもんで。
昨日は気合が入らずでちょっと放置し置いといて、熱暴走なら日を置けば運良きゃ復活するかなと電源入れたがすぐ止まり。

コード表示を検索し思った通りにヘッドだが、ユーザ交換可能って構造しておる物(消耗品なパーツだし元来はサプライ販売しておった)なのに正規販売止めていて。
んじゃぁダメ元やるかねと、インクづまりの解消の強制入浴させた今日。

後はインクのシミだしが、出なくなったら日に干して、自然乾燥(ドライヤーとか熱モノは歪み変形溶けだとか、破戒するからご法度じゃ)させてみてどうなるかなぁてとこだけど。

ダメ元だから並行し今の時点で最適な購入機器とか調べたが、量販店での販売でA3用紙も打てるので2万ちょこちょこ程度とか。

そらぁメーカーそのものも、顧客も修理を考えず廃棄購入するわなと。
元修理屋のポチ助は、なんとも気分が複雑じゃ(・ω・`)

(法人向けではあったけど現役時代のポチ助の出張修理料金は、メーカ正規料金で定額契約をしてないとPC・プリンタ系基本料金2.5万(1時間まで) サーバ系4万(2時間まで)以後15分毎に3750円。)


ゴミ問題が末期だし『物を大事にしよう!』って、言っても購入安くしてサプライ品で儲けるてこんな価格をしておれば。
そらぁちょっとの故障でも修理しないで買い替えを、してまう一般心理とか責められないとこあるわいな。

つうてメーカーそのものも、こんな価格の設定じゃ本体いくら売ったってまともな売り上げ出ないのに、挙句粗悪な業者でのテキトーインクを詰め込んだリサイクル品買われたら。
販売価格を無理やりに安くしているその分の、利益の回収できないし。

巡り巡って結局は、本来は不要なゴミを増やしつつ生産者側の首絞めて。
利用者もちょっとの修理で直るのに、再購入の手間だとか機種の変わるストレスにさらされたりとかするとかも。
発展途上な時期ならば新規購入することで性能良くなり「速度とか画質上がって良いね」って、部分もかつては有ったけど。
普通の利用者だったらば既にオーバースペックで、写真印刷してみても画質の向上具合とか目視じゃ分からんレベルだし機種換えする意味なんぞなく。


何でもかんでも使い捨て安かろうって世の中は、長い視点で見た時はホント良いことないのにな(-ω-;)

posted by ノラ猫ポチ at 18:21| 空き地猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする