2019年08月28日

レコードのあの犬みたいに傾いて

DSC01293.jpg



異様に眠くて眠いけど夕飯のカレーモドキを仕込みつつ、今日も1猫写真をUP(ρω*)゜o。




猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村



一応佐賀の大雨も大叔父達は今のとこ直接被害はなさそうで、ちょっと安心したけども。
(転勤そのまま移住した、婆ちゃんの弟夫婦がいるとこの地名で警報出ておって。住んでる場所の低地では道路冠水したりとか分る範囲でもう既に結構被害があるらしい)


濁流と浸水している場所とかの、映像観てると本当に火とか水とか人間にゃ勝てない怖さがあり過ぎて。
次の台風雲とかも大陸側に進みつつ、偏西風に乗っかって数日後とかに来そうだし。
できる備えをしていても、全国各地どこ居ても本当わからん時代よな(・ω・;)


今年は関東近県も普段のダムの容量と推移があまりに違ってて(今の時期でもほぼ減らず、90%後半のままなのだ)、一応夏場の台風に備えた設定してるけど。
ソレでもわからんくらいには、急な変化もありえるし。

過去の事例は本当に通用しないし『この場所は安全だから』の感覚は、判断鈍らせがちだから気を付けなきゃなと思うとこ。

過去数年の災害の復旧すらもまちまちで、ポチの里でもようやっと震災で壊れた社殿の立替の崖の補強がし終わって、来年解体予定ってくらいに諸々なかなか進まんし。

過剰な開発工事とあか運動会とかいらんから、そっちに人・物回しての復旧作業をしてよって。
猫なオイラにゃ人間のオトナノジジョウは分らんし、毎度毎度で思うのに忘れてる被害地が蓄積してくのなんだかね。

ここまで来ちゃうと本当に、自分に縁ある範囲とか届く範囲の協力をしていくとかしかできんから。

東京なんかの場合にはいざって時には本当に、母数があまりに多すぎて外部の助けや援助とか期待すんのが無謀だし。

出来ることとか寄せ集め自力解決してくよな、技能強化も今よりも更にしておきたいのよな。

災害映像観るたびに、チェーンソウの伐木の大径木の扱いや安全知識を得るために資格がやっぱ欲しいなと、毎度思ってしまうから。

近場にゃ受けれる場所ないが、できる手段を調べるか(°ω°)


posted by ノラ猫ポチ at 20:20| 塀の上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする