2019年08月10日

欠けた足でもぴょんぴょこと

DSCN0736.jpg



ご近所のニンニク臭に耐えきれず、夜風に当たりに外に出て・・・ついでに買出しちと済ませ今日も1猫写真をUP(°ω°)ノ


写真のアメショは懐かしい、放浪(脱走)猫モモちゃんの兄弟で。
震災後お家を建て換えしてからは、モモちゃんでも窓が開かんのか全然会えていないけど
元気に路地を駆けていた頃の1枚なんだなぁ(°ω°)


猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村



刺激が苦手な猫だから、ワサビ、カラシに始まって、人間たちには食欲をそそる匂いであるらしい、ニンニク臭すらオイラには刺激が強くてダメだから。
窓を閉めてももう既に入った臭いに耐えられず、もいちど窓が開けられる時間経つまで外に逃げていた

そんな土曜の夜なのだ(°ω°`)


「そんなに繊細で〇〇なんてどうすんのよ」的なのを、しょっちゅう言われるのだけども。


サラリーマンの頃とかは何せ睡眠3〜5時間、時間労働100〜150時間/月とかだったから
肌が荒れたり体調が優れなくてもそのへんで「疲れが抜けないなぁ」なんて何でも思っておったけど。

ドロップアウトしじっくりと自分に時間を取ったらば、
一定の飲食物(主に肉、魚、体に合わない調理油等)を取った時確実ブツブツ出るなとか、
コーヒーを毎日4〜5杯飲んでると瞼の痙攣するなとか
マスクしないで高湿の空気で呼吸をしておると、数時間から翌日にゃ気管支痛んでおるなとか
最近の過剰な香りを添加した洗剤柔軟剤とかは、呼吸器周りの荒れだとか頭痛吐き気がくるなとか

逆にナッツを食べてると皮膚の荒れとか傷とかがなんか回復早いとか
風っぽいよな症状のときには梅干し食べるより、梅酢に漬けてる生姜のがお粥に入れると効くなとか

自分の器の体調の良し悪し変化の原因も、自分でしっかり観察し認識できたりしておるし。


一切必要ないとこで余計なダメージ避けるのと、
リスクと計りにかけた時ソレを越えちゃうモノがあり『自分で選んで』行くのとは次元がまったく違うので

「皆そうしている」だとか
「皆いちいちそんなもの気にして生きてにない」だとか
「そんなこと誰もしない」とか
他人様の動向に迎合しろって圧力にゃ何の理すらも感じんし知らんがなってなるもんで。


避けれるリスクや不快なぞ、避けるの当然じゃろうがと(・ω・`)


我慢美徳の精神は、真向拒否する猫なのだ(°ω°)

ラベル:路地猫 アメショ
posted by ノラ猫ポチ at 20:45| 路地猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする