2019年02月28日

柵上で逃げよかどしよか警戒し

DSCN9328.jpg



夕暮れ前ってだけじゃない黄ばんだ空色眺めつつ、冷めた珈琲飲みながら今日も1猫写真をUP(°ω°)ノ



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村



今日のくらいの気温だと、体調的にはよろしくて呼吸も楽なあたりとか、
典型的に冬型な妖怪っぷりの化け猫ポチ(°ω°)

妖怪ぷりを発揮して、去年のシーズン終わりから直してくれった預かって余りの淀みでちょい避けて、
香炉の灰にぶっこんで出窓で日光浴をさせ放置していた石ブレス、ぼちぼち直そと思ったが・・・

もぉ良いだろうと触ったら、あまりに苦くて不味くって
(°д°) ってなってる昨日今日。


本来明るい真っ白のスノークオーツなのだけど、淀んで曇った日のような灰色とかになっておる見た目も十分凄いけど。
3〜4カ月ほどお日様に当たる出窓に放置して、そんで触れても瞬間でアルミ箔とか噛んだよな苦みが一気に広がるて・・・

あまりに味覚にしんどくて、あんま触ってられんのだ(×ω×;)

うっわ邪気邪気してるΣ(°ω°ノ)ノ って、こんなん着けてたらむしろ体調悪くなるがなと祭り場の父ちゃんところから、「直しとけ」って渡されてずっと預かっとるんだが。


淀みの多いここ数年、普通に町中視とっても昨今石を濁らせず身に着けられる人てのは、そもそもほとんど見かけんしかなりレアではあるんだが。
こんだけ苦みが溜まるほど、ナニカを寄せ付け出す人じゃ、
どんな石を渡してもすぐに同じになりそうで、さてさてどうしたもんかいと(・ω・;)

同じ石を使うのか、それとも別に変えるのか、どっちにしても淀んでるままのアイテム放置して良い運巡るもんじゃなし。

とりあえず、にっが!・・・・うわ、ニッガい(;ω;)
とか言いながら、1時間程持ってたら普通に白くなったけど、そんでも未だ苦くってダメ元水にさらし中。


原理はまったく分からんが、一番手っ取り早いのは
謎の妖怪ポチ助が猫手で触って持っとくて、ただただそれだけなのだけど。
余りに味覚に不味すぎて、ビールやゴーヤもダメなほど苦いの嫌いなポチ助にゃ、今回難易度高いのだ(TωT)


ぼちぼちと、小さな頼まれごととかも全部綺麗にしたいけど
とはいえそれらに体力や集中割かれてしまうのも、ちょいとこの時期不本意で。

そういう部分の調整の、最適解が・・・(°ω°;)

posted by ノラ猫ポチ at 17:58| 屋根の上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする