2019年02月01日

玄関先で恨めし気

DSCN0042.jpg



結局雪にはならなくて、うっすらと白んだ空を眺めつつ・・・今日も1猫写真をUP(ρω*)゜o。



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村



久々にちょいと気になる動向が、数字に出ていた夕以降。

南西と日本海の上側がまずは最初に上がりだし、そっからじわじわ北東に時差で上がっていくとこと。
東京あたりのデータと、アメダスの降雨のデータが丸々リンクしてるのと。
直接的な上昇とスパッと下がるパターンで、雨がγ線を出すナニカを運んでたんだなと予測は一応できるけど。

じゃあ、そのナニカはどこの由来なの?(°ω°;)

ってところが今回の衛星画像を見ておると、
大陸&半島を経由して南寄りから九州や関西抜けて関東来た雲と、
日本海のあたりからムクムク湧いてきた雲と東へと薄目に流れてきた雲と。

いずれにしても位置的に、発生源の大本の心当たりになるようなニュースは見かけていなくって(関東中心に上がるならネタはあったけど上がり方からそれじゃない)。
なんか気持ちが悪いのだ(・ω・;)

とりあえず、過去に自分のガイガーで実測していた経験で、
舗装の道路とか水分を吸い込まないよな部分では、よっぽど上がった時以外雨だと流れてすぐ下がる。
雪だといったん止まって、ジワジワ溶けつつホコリだけそのまま黒く残るから、遮蔽の水分無くなったあたりで数値が上がりだし、次の雨とか降ったりや道路清掃入るまでそのまま上がったままになる(=ナニカの入ったホコリが巻き上げられつつも長期残留してるっぽい)
そういう意味では今日降った雪で遊んでしまうのは、お勧めできない感じじゃの(・ω・`)

九州から日本海側は北海道、太平洋側は茨城くらいまで、今日のデータだけならばだいたい動きは同じで。
例外が、宮城がずーーーーーーっとギザギザで、事故真っ只中の某県はそもそもデータ単位から二けたレベルで違うから、今回程度の変動はそもそも数字にでなくって、後は奄美のあたりだけ特に変化がない感じ。

事故前も2006年くらいから技術的にどうなのと?疑問を持ったところから、ちょくちょく定点観測をしておるところのデータを気になり観察してたけど。
青森・新潟(公式)、三鷹・所沢(個人)と見ていたが、過去の値はどこででもだいたいが0.03〜0.07くらい。
(で、たまに怪しい実験を近隣諸国でやるだとか、そんなニュースがある時に限って調整中とかになるのも昔から)

今回もさらっと地形的なのと気になる部分を抜き取って、一応変化の記録としちょっととって置いとくわい。

190131.jpg


ame190131.png




posted by ノラ猫ポチ at 07:09| ブサ猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする