2019年01月04日

横顔キリリと

DSCN9289 (2).jpg



夕飯食べてひんやりと冷えた紅茶を飲みながら・・・今日も1猫写真をUP(°ω°)ノ



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村



だいぶ除夜祭でボロけてしまってた皮手の買出し行きがてら、ちょいと身体を慣らそうと散歩コースに初詣。

どうしようかと覗いたらしっかり呼ばれていたもんで、一段明るく視えていた御神籤ついでに一つ引き開いてみたらば・・・

『夏草の茂れるなかに 咲く花の 淡くほのかに 朝明けにけり(第10番 中吉)』
思いもかけない患いが起こり心痛にふさぐけれど 
夏草の中に咲く花のように清く明るく
人を慈しんで社会のために尽くせば倖せな慶びが訪れて来ます

願望:今は思うようにならないが叶うようになる
待人:来る楽しみに待ちなさい
就職:自己に適した職を授かる
病気:一心に祈れば癒ります
旅行:倖いあり 日を選べ
事業:ご加護を受け成功する
訴訟:和解せよ 利あり
転居:災いなし日時を選べ
失物:出ます 西を探せ


我ながら『願望』がすぐに動きたいけども、世の中的な荒れ方で2月をちょこちょこ過ぎないと良い波こなそなとこ含め、だいたいザックリ化け猫のカンとも一致しておって。
しかもだいぶん良い内容(・ω・+)

「思いもかけない患いが起こり心痛にふさぐけれど」の部分が若干不穏じゃが、そこはやることやったらば「後はなるようにならぁなぁ(°ω°)



天災も人災も、容赦なさそな駆け出しの2019年の冬。

既にちょっと大きめの地震がグラッと来ていたり、インチキ操作で納め前無理やり上げてた相場から明けのご祝儀相場でもドカンと下落が出てたりと。
開始初っ端早々に、風船みたいに膨らんだ実体のないハリボテのメッキとサイズの維持すらも、崩れていきそなこの時流。

個人的にさわさわと気になる部分は九州の前にそろっと揺れていた、伊予灘付近の震源の位置と近くにある施設。


何があっても溺れずに、孟宗竹な勢いで折れずにしなって生きたいね(・ω・)


DSCN9977.jpg


今年の御神籤


DSCN9951.jpg


除夜祭で燃え切らず外に出ちゃった薪とかを直接掴んで戻したり、お炊き上げの焼き芋を熾火の中から拾ったり
そんなこんなで手の平の側がだいぶん荒れちゃった皮手を洗って天日干し。

今年は本当除夜祭でこの手袋じゃなかったら、お札に混ざって捨てられたむき身の牛刀包丁で危うく怪我するところだし、神社事の裏方は装備が大事なんだなぁ。


普通の人の防寒の皮手袋と違うのが、親指と人差し指の中間の当布部分の分厚さで。
ここが有るのと無いのとで、ケバケバ痛んだコンパネや釘がでておる垂木やら足場材やら工具やら、色々扱う現場での動きやすさが違うのだ(・ω・+)


posted by ノラ猫ポチ at 21:25| 神社猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする