2018年11月02日

怪しくシャッと横切って

DSCN9734.jpg



電話終わって戻ったら、窓全開にしておった部屋がひんやり冷えていて・・・カボチャのシチューが欲しくなり、ふいにコトこと煮込みつつ今日も1猫写真をUP(°ω°)ノ


写真は結構ブレていて、普段ならボツにするよなやつだけど・・・
昨日の猫の表情がふてぶて怪しさ溢れてて、そんなこんなでなんとなく捨てがたかったやつなのだ(°ω°)


猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村




なんとなく電話が来るよな気がしてて、夕前に電話の充電しとたら見事に鳴った木曜夜(・ω・;)
未だガラケー使ってて、普段は3〜4日に1回くらいしか充電しないんだけれども。
あまりに準備が良すぎてて、思わず笑ってしもうたわい。

で、今日の課題は・・・

この国じゃそこそこの数で溢れてる、自ら幸せを避ける選択を望んでしちゃう人達の、不幸陶酔パターン脱出方法だったりや向き合い方であったけど。
そういう人の根本の、『不幸な自分』に居場所を求めちゃう自己卑下の癖を作ってる自己認識の歪みって、逃走スイッチ入れないでたどり着くのは難関で。

自分の幸せや成功を普通に望むポチ助や友人みたいなタイプだと、自分の経験則だとか身近な誰かの成功の体験談に当てはめて引っ張り上げよとしてまうと。
『でもね』ってセリフで始まって、扉にすらも着かんねと(・ω・;)


だってそもそもその人は不幸の相談してきても、根本的にそうやって不幸で大変なんだけどけなげな自分で居る事が、自分の存在価値だってどっかで思ってるんだもの。
ソレを幸せにしようなど居場所を奪う行動で、失敗したらむしろもぉ自分の居場所がなくなるて恐怖を感じることだから。

そんならば、不幸で大変で同情される私って『そういう居場所』があるほうが、幸せ感じてなくっても本人にゃ慣れた不幸ていうものが麻薬的な安心になるっての、オイラ自分の親含めそういうの数人視てきとる。

で、

友人が手に負えなくって悩んでた対象になる人物が、そういうタイプの人だかは間接情報のみだけじゃ確定させられないんだが・・・

ただ状況や環境が困難で打ちのめされてるだけ人なのか、それとも自ら率先し不幸になってる人なのか。
そこを見極めてくことの最初の入り口のやりかたで、不幸な自分で居ちゃうよな『重度な癖』があるかの判断ができる質問をヒントで渡した木曜日。

コレ自分でも不幸癖があるのかを、セルフ的に試すのに使えるものであるんだが
『自分には幸せな人生を生きる価値がある』とか
『自分には成功できるだけの価値がある』とか
『自分は大事にされていい存在だ』とか

ついつい逆の行動で届かぬ憧れにしちゃってる、避けてしまう幸せをあえて肯定する言葉にし。
『自分はソレに相応しい』と声にししっかり淀まずに素直にストンと言えるかが、自己価値観を歪ませずもててるかどうかの分かれ道。


「え〜?でもそういうのって自分では言いにくくない?」って慎みをやたら求める世間では、わりと言われがちだけど。

「諦め?なにソレ美味しいの?」な強運ポチ助なんかだと、やりたい事や在りたい生き方方面は
『オイラには自分で選ぶ権利がある(・ω・)ノ』とか
『え?無茶や無理に見えてても、成功させる気しかないんだが?(・ω・)』とか
自分の常識の範疇に従わせたい大人らにあれこれ茶々を出されても、強がりとかじゃないとこでスルッと言えてしまうもの。

自己価値観や自己肯定感っていうやつは、わりと無意識レベルでもそういうとこに出やすいし判断基準にかなりなる。

で、

じゃあ、自己価値観の低さから『自分は不幸で当たり前』とか『幸せになれる価値がない』って、そういう思い込みがある人が幸せになって欲しいと思えちゃう相手(もしくは本人自身)であったらどうしよか?って、そこは容易じゃないんだが。

本人の現実の能力や人柄と乖離するほど歪んでる、『自分には幸せ(や成功)の価値が無く、〇〇することでしか受け入れられる場所はないんだ』と思い込むに至るよな何を刷り込み生きてたか。

そういうところを掘り下げる度胸をもてるきっかけが、見つけられるていうことを一緒に体験するようなめぐりの人って思うなら、とことん一緒に掘り下げて幸せになっちゃえば良いよねと。


友人も自分の事はずいぶんスッキリと、オイラ頼りにならないで自力で向き合って解決し生きれるようになってるし。
次は自分だけじゃなく周りの人との関係で、投げ癖とかを出さないで生かす成長時期なんかもねぇて、
そんな話もぼちぼちと。


「え〜?この試練ってどこまで続くかな( ̄▽ ̄;)」って質問に出てきたオイラの直感は

『自分の周りの人たちが、みんな幸せになるまでじゃん?(・ω・)』だったんだけれども、さてさてどうなることやらら。


どうせ気になっちゃうんなら、気になる気持ちを無視せずにもろとも幸せになればいいじゃない(・ω・)

が、わりとオイラの単純なバカ猫思考でポンと出る、行動の基準なんだなぁ。

posted by ノラ猫ポチ at 07:29| 疾走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする