2018年09月07日

不安げなつぶらな瞳で見つめられ

DSCN0031.jpg



外からの高周波音が五月蠅くて耳と頭が痛いけど・・・おおまかな片付け一端落ち着いて、だいぶ温めの珈琲でカフェイン取って休みつつ今日も1猫写真をUP(ρω*)゜o。



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村




いつだって明日は我が身であるけども、そんでもなんでか人間は備える方が少数で不思議でしゃぁないドラ猫ポチ(・ω・`)

自分が被災する時に、自宅に入れない状況になるほどの被害を受ける確率よりは、物流やライフラインが途絶える状況に置かれる人数の方が圧倒的多数になるわけで。

元ななんちゃってワンゲル部のポチ助が、日常の中に組み込んでストックしている食品の中身をちょろっと書いてみる。

・水ペットボトル2L
・豆乳(箱単位)
・マッシュポテトの素(カルビー)
・ホットケーキミックス
・切り干し大根
・自家製梅干し
・無洗米
・塩
・ダースビター
・ハニーローストピーナッツ

・缶詰各種
  スイートコーン(水分有り)・カットトマト・ツナ・鯖(各種)
  小豆・デルモンテ1食サイズ果物缶(モモ・パイナップル・ナタデココ等)


一応、普段鍋会とかで使ってる卓上コンロのボンベとか、多少はストックしてるけど。
長時間の過熱が必要なお米は主食としての優先度は一番低くって、粉物の方が短時間の過熱で食えるけどコレも火が必要だから比較的軽微な被害時用。

この中で使用が一番簡単で、それでいて色々と普段使いにも優秀な食材がカルビーの「マッシュポテトの素」なのだ(・ω・)
フリーズドライ加工だし、書いてある賞味期限を1年くらい過ぎてても味の劣化とか感じたことはないんだなぁ。

スイートコーンの缶詰やカットトマトみたいな水分多めのモノと袋の中で合わせれば、それだけで十分食べれるし(ホットケーキミックス他粉物もこの辺の缶詰との相性良し)。
ツナとか鯖とか混ぜ込めば、一食でタンパク質も取れちゃうし、組み合わせで味の変化も出せちゃうし、どれも過熱がいらないし、材料混ぜて水分吸わせればただソレだけで食えちゃうし。

なによりも、上に書いた食品は賞味期限が来る前に普段使いの食材やおやつで食べれるものだから、気合入れた非常食の消費と入れ替えの意識がいらなくて楽なのだ(・ω・+)

この辺の備えを最低2週間分、余裕があれば1か月以上の量ストックしておけば、災害続きのご時世で急になにかが起こっても食料品の争奪の混乱にウッカリ飲まれることもなく。
日常で体調不良で買い出しに出るのもしんどい時とかも、ストックで凌げてしまうから備えておいて損はないのだし、まだ被害にあってない場所ならば早めの備えが得策だ。


今回の台風と北海道の地震では、電気網の脆さとか電気頼りの生活を考えさせられておるようで。
こういう自然や運気の廻りやら流れの警告を拾えるか、拾ったものを生かしつつどれだけ適応してけるか

そういう生き物が本来持ってる柔軟な適応能力や、怖いものは怖いって正しく怖れて備えたり避けたりできる能力がとことん突き詰め試されるそんな時世な気がするわい。



ポチ君の運の廻りの次の起点を化け猫のカンで視ておると、9/18って日付ぽい数字が相変わらず視えるけど。
吉凶なにが起きるのかソコの色がいまいち掴めんし、相変わらずに8のはじっこ以外真っ暗な2018の数字だし。
この先も張りつめすぎず抜けすぎず、でも行きたい場所に行けるよに観たい景色が観れるよに
無茶はするけど無理はせず、程よく流れていかねばだ(・ω・;)



そうそう、最近いつもの友人と電話で話しておったとき、友人の抱える問題の苛立ちの味の解消に出したヒントの一節で

「自分より誰の方が辛いとか、もっと誰それの方が大変だからとか、
 頑張っちゃう人ほどそうやってマイナスなことは口にちゃダメなんだって、自分を後回しにしちゃうけど。
 辛いものは辛いって、怖いものは怖いって、嫌なものは嫌だって、悲しいことは悲しいて
 いつかは言葉で吐き出して発散しなくちゃ苦しし、そらぁしんどくなっちゃうさ。
 てか、そらぁしんどくなるは無理だもの。
 我慢し表面的に気持ちを消したって、その瞬間辛いし苦しかったのも嘘じゃない確かな気持ちだし。
 見てないフリをしたとこで消えてなくなりゃせんのだよ、だってソレも本当の自分なんだもの(・ω・`)」

そんな話をしたんじゃが
(そったら幼少時代に母親との関係で満たされず「寂しい・甘えたい」って未消化のままの感情が、大人になってからの恋愛関係にガッツリ影響出していて。その「寂しい・甘えたい」の感情を代替えのナニカで埋めようと空廻っておった根が出てきたり)。


押込めた感情が古ければ古いほど、その穴埋めにの代替え感情で原因を見失てしもうたり。
本当の原因が分からずに、別の悪役を用意して責めることでバランス取ろうとしちゃったり、
満たされなかった穴埋めの「嘘の好き」を用意して、でも『嘘』だから満たされないままに自他共に要求ばっかが強く出る無益な展開に入ったり、そういうループに入るから。

喜怒哀楽どんな気持ちも無理はせず、感情の出してるパワーは押込めず程よく放出しちゃうのが
こういう荒れの時代にゃ大事だと、ドラ猫はなんとなく思うのだ(・ω・)


化け猫のカンの視点で視ておると「嘘の好き」も「嘘の嫌い」も「嘘の楽しい」も、周りに合わせた「嘘の辛いや悲しい」も「嘘や強がりのの大丈夫」って気遣いも、全部同質の濁りや淀みとか苦さになって視えるから。
無理をしすぎる反動で嘘に頼ってしまうのは本当よろしくないなって、自分もたま〜にやるけども気を付けなきゃなことだわな。


posted by ノラ猫ポチ at 15:22| 路地猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする