2018年08月23日

ぎこちなく身体よじって振り返る

DSCN9304.jpg



うっかり寝落ちてしもうてて・・・片付けと朝の水やりざっと終え、今日も1猫写真をUP(ρω*)゜o。



猫ブログランキングに参加してます(・ω・)
1日1回投票できるので、写真を気に入ってくれた方や、なんとな〜く気が向いた方は下の半野良チッチさんの肉球をぷにっとクリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村




目覚めたら洗濯機内でタオルの干物もどきができていた、そんな木曜朝なのだ。

台風がまぁまぁ影響がでかくなる距離に迫っておるもんで、右後頭部の耳よりちょい下あたりから片頭痛と眠気も徐々に上昇しつつ接近中。

まぁ、年に数回この手のはあるわなぁってやつなのだ(°ω°)


台風のコースが先月の水害エリアに被ってて、大叔母達は前回はギリギリ直接の被害はなかったが、
ポチの母猫もや爺猫もそうだけど
「あの家は大正時代からあの場所で災害にあってないんだから大丈夫(瀬戸内の港町地図上の海抜はかなり低い)」とか
「むかーーーし琵琶湖が溢れよった時も、畑は浸かったようやけど爺ちゃんの家は大丈夫やったし心配せんでも」みたいな過信が変にあるもんで。
その『長年平気だったから大丈夫』っていう、地形や気候の変化を考慮に入れてない認識の甘さが心配なんだよなぁ(・ω・`)

ことポチ家に関しては、多摩川の花火が道端で建物も何も昇らずに見えるくらいには高さある、地盤も強い武蔵野台地の上だから水害の心配はほぼ無いが。
東京もここ数日むしろ気温は昆虫の活動に程よい筈なのに、ゴミ捨て場とかの建物の中じゃ若干見かけるが、夏の外の定番の野生のゴキが妙に居ずちょっと不気味であるんだな。

被害が少なく済むことを当然ながら願いつつ、早めの情報収集と決断も大事だし備えて欲しい切実に(・ω・;)

で、

今日はオイラ自身も微妙な天候で、水害も地盤の緩さも木密も全方位災害に遭いまくる土地な里方面に行くもんで、移動ルートの判断は的確にせねばであるんだなぁ。

posted by ノラ猫ポチ at 07:29| かいかい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする