2018年07月29日

『番外編』オイラがCDを買う理由

DSCN9281.jpg



台風過ぎて暑くなり、気圧の去り際定番の眩暈もそこそこあったりで。
大量印刷しなきゃだがどうにもやる気が起きなくて・・・
ただただひたすら気まぐれに、お題のネタをぼやいてUP(・ω・)ノ

写真は去年神輿でお嬢の鈴と共にプレーヤーを落っことし、9か月ぶりに取り込んだ好きな曲や唄のCD達なのだ。
(ラックにしまうと混ざるから、取りこんだものだけ一時的に積んでいる)



メジャー・インディーズ・アマチュアの括りはそんなに気にせずに。
主に実際にライブで観て好きだった人達や、なんか良いなと思った人達のモノが8割以上なのだけど。
それ以外でも洋の東西やジャンルも特に垣根なく、またちょい残りはあるものの好きなモノから優先で
現時点で全2,629曲をなんとか取りこみ終えたわい(・ω・)

CDの方がMP3音源やYouTubeより音が良いだとか、ちゃんとしたオーディオで聴きくのが好きだとか。
良いなと思ったものならば、活動続いて欲しいからちゃんとお金出して入手したいとか、そういう理由もあるけども。
音質単体で言うならば、CDではでない空間のライブ並みの微細なゆらぎの再現も、そこそこのオーディオに繋いだらハイレゾならばできちゃうし。
昨今の安いプレスのCDじゃ、マスターは音が良くってもCDはYouTubeの先行公開動画より音が悪いとかもままあるし。


そんなこんなで何よりも、理由で一番でかいのは
『データだけの音源は、機器の故障や紛失でほんの一瞬で全部飛ぶ』
ただただコレに尽きるのだ(・ω・`)

で、去年の9月にうっかりと、MP3プレーヤー機能がそこそこで、入れ替え可能なマイクロSDを使用でき、会議の録音もそこそこで、ラジオも聴けるて条件の懐かしのメーカーSANYOのMP3レコーダーを落っことし。
この『一瞬で飛ぶ』を身を持って、体験していたドジ猫ポチ。


CDちゃんと持ってれば、こうやって再取り込ができるけど。
今回も店員さんに確認し、PC内の音楽データの取り込みできる条件の機器を購入していても、
PC内に残してた約8百数十曲のデータ中で、著作権設定に阻まれず無事に移行できなのは290曲ちょこちょこて
そんな惨状だったのだ(TωT)

その前のパナのSDタイプのMP3プレーヤーは、ジャックが壊れてブツブツに音が途切れてダメになり。
そん時はアプリが独自過ぎちゃって、且つ後継機種も撤退で移行可能なデータの形式じゃなくって全滅に。

今回の新プレーヤーは、唯一量販店で売っていて上の条件をカバーするソ〇ーのハイレゾ対応(16GB)のやつだけど。
有名なソ〇ータイマー発動し早々に壊れやしないかて、元修理屋的にはドキドキじゃ。

普段はプレーヤー再生が主ならば、ストリーミングサービスを利用すりゃCDみたいな高いもの買わずとも、膨大な音楽が簡単に聴けるって昨今じゃ言われそうだけど。
この辺の便利サービスはそもそもが権利は自分のモノじゃなく、Web版のレンタル的な延長で簡易に聴けるてだけだから。

会社の合併や倒産や事業整理でサービス終了したりとか、バージョンアップの弊害で自分の使用する機器やアプリでの対応外になるだとか、そんな理由で簡単に聴けなくなっちゃうものなんで。
元IT技術者視点だと、手軽じゃなければ聴かんよな程度のものなら良いけども、10年20年と変わらずにずっと聴きたい音楽を、全部丸投げするにはあまりにも心元ないレベルのサービスじゃ。


そんなこんなで音楽は、時代遅れと言われても圧倒的に未だ尚、CD購入派なドラ猫ポチだけど。

今回の機器の買い替えでガックリと悲しい気持ちになったのが、安物CD−Rでありがちな経年劣化なのだなぁ。

仙台からこっちに来ておって、ライブもめちゃめちゃ行っていた大好きなe;choってバンドのその中で、
ダントツにいくこちゃんの声が心地よく伸びやか活きる「あの空」って、一番好きな曲の音源のみが劣化して聴けなくなっていただとか・・・
しかもポチ助のだけじゃなく、光のほぼ当たらん保管環境の母ちゃんのもNo Disk表示になるだとか・・・

同じラックに入れていた無料のサンプルレベル音源も、他のは全部読めたのになんてこったい(((;ω;)))

それぞれの盤面観察してみたが、元々の焼きの深さが浅い(焼き込み速度の設定とPCの性能の問題)と、CD−R自体の品質と貼ってるラベルシールやインクの相性と全部が悪く作用して、元々あっさい彫り込みが変色しておる媒体にぼかされ滲んでおるだとか、複合要素の相性の悪さの感じだったのだ。
オイラがCD-R音源に「サインします?」って言われても、だいたい断ってしまったり「盤面汚さないのなら(・ω・;)」ってついつい言ってしまうのが、この手の劣化を極力は避けたいからであるんだが。
本人達が貼ってるシールの影響じゃ、本当どうにもならんわなぁ(;ω;`)

インディーズやアマチュアの音楽は、どんなに好きでも世間にはそんなに流通してないし。
再入手すらできんから、ホントこういうとき悲しいね(TωT)



震災以降でぼんやりと、もしも自分がおらんとき家が燃えたり潰れたりそんな何かがあったらば、何を失いたくないかって自問自答をした結果。
お金なんて働きゃいいんだし、気にいって使用しているアイテムも大体は機能的に代用が効くんだし。
家は大事ちゃ大事だが最早運の世界だし、印鑑その他手続きの貴重品類なんてのは、昨今登録元のデータで最悪災害時であるのなら別手続きができちゃうし。
思い出の品的な部分とか愛用品って部分では、楽器やカメラも大事だが「絶対に失くしたくないか?」って言われたら、まぁまぁ最悪の事態なら諦めもなんとかなりそうで。

失くしたら代替えが効かない物なんて、
猫・神輿・人・街・を記録した2度と撮れない写真のデータと、
大好きな音楽を記録した音源だけって結論にわりとすんなりたどり着き。

で、

写真はPC本体と外付けHDD2本に、音楽はCDそのものとプレーヤーのSDと外付けHDD1本にそれぞれ分散保存して。
音楽はプレーヤーをそのままで、写真はポータブルディスクの1本で、
現場作業でどうしても持ち込みできん環境のとき以外、外出時は携行しとるのだ。

そういう部分も大切な、日々日々襲う変動や災害に対して心の安定を保つ備えになるんだと。
オイラはなんとなく思う・・・のだ(°ω°)



ラベル:猫以外
posted by ノラ猫ポチ at 18:30| 猫以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする