2018年07月02日

ポチに気づいて立ち上がり

DSCN9223.jpg



喉潰れまったく声がでないけど・・・今日も1猫写真をUP!


https://youtu.be/IUQs2F3KpnA


猫ブログランキングに参加してます。
下の半野良チッチさんの肉球を、ぷにっと応援お願いします(・ω・)

にほんブログ村




まさかにまさかが重なって、青年会の総会が物凄くバタバタだったのに、のそれで終わると思いきや
『太鼓の先生が来てるのに、来るっていっていたはずの生徒役が誰も来ねぇ!』ってぐっだぐっだな自治会に、最終的になんでだか人手不足で借り出され。

気がつけば盆踊りの太鼓をドの着く青年会の初心者で数人で、
ドッドンドドン♪ドッドンドドン♪ドッドンドドン♪ って基礎の基礎で延々と
東京音頭→炭坑節→スッキリ音頭(大田区限定)→好きになった人(都はるみ)
って曲変えて打ち鳴らしてた約2時間。

炭坑節はドッドンドドン♪だけだと途中節がずれるので、止めと溜めのドン♪だけの場所があるんだか、
昔から適当に踊っちゃいたもんの、初和太鼓で曲を丸々を暗記してドンの節を間違わず打って流れを繋ぐとかわりと地味に難関で
最後の方だけ少しだけカカカッカ♪の返しを入れるとか、ちょっと試しす余裕はでたもんの

3〜4分間乱れずに左右を同等の力で延々叩き続けるの、思っていたより難しい(・ω・;)

むか〜し、むか〜し、その昔、人手不足で本当にほんの齧った程度だけ神輿の大拍子を叩いてた時代が2年ほどあったけど。
竹の平バチを面で弾かれずにバチンと当てに行く城南神輿の締め太鼓と、丸棒で皮の跳ね返りの反動で弾ませるように叩く普通の和太鼓が、あっこまで加減が違うとか面白い実体験になったわい。

ウォォォォ!ナンダコレ!?ウオォォォォ難しい!!!Σ(・ω・+)

ってやってたら、あっという間に練習の時間が終わったのだけど、なんでか声はだすこともほぼ無く叩いていたはずが
終わってハタと気がつけば、カスッカスにかすれてて会話にならないレベルまで声が出てないポンコツポチ。

「じゃぁ、ポチ当日もヨロシクネ」って・・・

えっ?(・ω・)

え゛っ?!Σ(°ω°ノ)ノ


いやいや、まさか・・・


音楽的な諸々は、20年以上前に人前に出る場を退いて久しいオイラなのだけど。
とはいえ1回で覚えきれなかったのが微妙に悔しくあったりで、気がつきゃ確かに練習は思いの外のめり込んじゃっていたけども・・・

練習1〜2回の初心者が、最低でもウン百人って人来る納涼踊りでのうのうと櫓に上がって叩くとか、いやいや流石にどうなんだ(°ω°;)

目立つのが心底嫌いなポチ助が、まさかの40代目前で盆踊り太鼓デビューとか、いやいやまさか・・・


(((°ω°;)))


本番は月末ちょい前らしいけど、さてさてどうなることやらら

ラベル:車と猫 キジ白
posted by ノラ猫ポチ at 01:19| 車と猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする