2018年04月24日

陽を浴びて庇の上で輝いて

DSCN0276.jpg



暑いのか寒いのかすらわからない、変な気温で体力がジリジリ削がれとるけども・・・今日も1猫写真をUP(°ω°)ノ



猫ブログランキングに参加してます。
下の半野良チッチさんの肉球を、ぷにっと応援お願いします(・ω・)

にほんブログ村




思考は色々廻りつつ、いまいち言語化するのには思わぬ威力を出しそうで、
うっかり騙されないように、対立を無駄に煽って行くように意識を誘導するよな流れから、のまれん流れの在りどこをジッと視ておるここ最近。


わりと単純にそれってどうさ?って前からちょいちょい思うのが。
現代の人間社会で絶対的に正しい事として語られる、

『弱い者いじめはいけません』 って言う、言葉だったりするけども。


ここ最近、特にこの言葉が発せられたり書かれたりしておる場面を視ておると、うっすら苦くてピリピリと攻撃的な違和感の味が微かにしよるのじゃ。

で、

「はて?これは・・・???(°ω°)???」って、少しだけ視る深度下げたらば、そういう言葉を批判の場面で発してる違和感ある人の気配って。
いわゆるいじめる側の人達の、ソレと違いがあんまナイΣ(°ω°`)

まぁ、そうだよ。

そりゃそうだ。

その対象が個体として強かろうが弱かろうが、理不尽に虐められていい理由がある人なんて居る訳ねぇだろいって話しだな(−ω−;)

んでもって、

やった事や行動原理そのものが、悪い影響撒き散らし実害出しておるのなら。
その事実に対しての部分では、やった奴が弱かろうが強かろうがそんなもんも関係はない訳で。
その言動を修正することをを目的に、状況や事情も加味しつつ咎められるのは間違いでもなんでもないのだな。

そんなこんなで・・・

正しいと言われ語られ好まれる常識なんて往々に、昔のも今のも一度立ち返ってみてみれば矛盾だらけなんよなと。
実感できてしまうわな(・ω・`)

結局は、『悪気がないのと悪くないのは違う』って、この一言に尽きるよな場面て本当に多いのだ。

posted by ノラ猫ポチ at 04:34| 屋根の上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする