2018年02月22日

久々に会えて夜道でイチャイチャと

DSCN7522.jpg



豆乳プリンと珈琲でいっぷくしながら・・・今日も1日1猫写真をUP(ρω*)゜o。

昨日のチッチさんは数年前に母ちゃんが撫でてるの撮ったので、こっちはポチの手に吸い付くように寄ってくる今夜の可愛いチッチさん(・ω・*)




Hoobastank - The Reason https://youtu.be/fV4DiAyExN0

地味な作業をするときに、曲に気を取られ過ぎずにテンポよく捗る音楽流そうと、90-2000年代洋楽ヒット曲リスト適当に流したら。
なんとなくしっくり耳に沁み込んだ、今日の1曲なんだなぁ(°ω°*)


猫ブログランキングに参加してます。
下の半野良チッチさんの肉球を、ぷにっと応援お願いします(・ω・)

にほんブログ村




ちなみに昨日今日作業しながら流してた、POPなクラブミュージックからR&B,HipHop、ソウルにロックまでなんでも有りだった、20代後半〜40代中盤くらいには比較的懐かしいものが多そうな再生リストはコレ↓なのだ。


洋楽 90年代 - 2000年代 ヒット曲 https://youtu.be/IcrbM1l_BoI

再生リストのシャッフルとリピートONにして、なんとなしにかけてると過去結構好きだった曲もぽろぽろ出てきたり。
中高生の頃ラジオとかで漠然と聴いてたあたりから、成人してからライブハウスやDJイベントでしょっちゅう聴いたりしてた曲満載だったりしちゃうのと。
昨今、YouTubeとかで英詩の曲を聴いていて、気になったらそのまま検索かければ翻訳がだいたい出てくる便利な時代だし。

そんなこんなで英語変換機能ポンコツなポチ助も、微妙に耳が英語に慣れてしまったか。
聞き流すつもりでかけてても、断片的に拾えちゃう歌詞がふいに気になってしまったり。
で、軽く脱線して調べてしまったり、かえって作業が捗らん(°ω°;)

意外だったのはマライアキャリーのHIROの、歌詞が日本語版のやつよりもずいぶん力強い内容だったこと。
で、久々に聴くとシンプルなのにどこまでも気持ちよく壮大にのびやかで、『だ〜れも居ない』河原とかで対岸まで響くレベルの全力で歌いたくなってしまうのだ。

トランペットも歌も好きだけど、オイラがその道を選ばなかった最大の理由って。
『人前で』とかなると本能的に人目に晒されるの猫だから嫌いだし、それ以上にステージングとか場の空気の惹き込みとか気にしなきゃいかんのも無駄にストレスになっちゃうし。
結局、歌うのとか吹くの物凄く大好きなのだけど、ただただ『ソレ』だけだったからてのがあるもんで。
本当にどっか誰もいない視界の開けた場所だとか、声量も視線も気にせずに歌える場所が欲しいのぉ(・ω・`)

とかなんとか思いつつ

懐かしい曲のMVの画面に映ってるメカ類を組み込んだストーリものとか観ておると、この20年ちょいの進化が凄くって。
今だったらSNSの表示かLINEでスタンプか?みたいな場面が、通話が主流でモノクロの携帯画面とか。
明らかな進歩の軌跡を見ておると、この先10年後のメカ達の進化もなかなか楽しみなんだなぁ(・ω・)



posted by ノラ猫ポチ at 03:30| 半野良チッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする