2017年11月25日

ずずいと一歩踏み込んで

DSCN7261.jpg



ぐっすり寝落ちて目が覚めて、窓開け日光浴びながら今日も1猫写真をUP(ρω*)゜o。



猫ブログランキングに参加してます。
下の半野良チッチさんの肉球を、ぷにっと応援お願いします(・ω・)

にほんブログ村



ギリギリの告知にハッと気がついて、ふらり流れた青山の夜(°ω°)

やっぱカタオカセブンの感情爆発型の歌声は、オイラの諦めの悪さに「ふふふふふ(ΦωΦ)」って良く響く。

だいぶ計画遅れだし、無茶とかそんなこと出来っこないとか、どうせ無理とか無駄だとか、気にしたってしょうがないとか、なんで貴方がって言われても。
オイラァ自分の知りたい事、観たい景色に向って生きるんでい(・ω・´)

んでもって、ちょっと添さんのドラム聴きたくなってしまったが、やっぱドラムとピタリと調和してぶいぶい揺らしながら鳴り響くなっしーのベースも大好きだ。
 

他にもアコースティックでしか観たこと無かったお兄さんの、別人のように澄んで貫ける唄力の一面観られたり、ストリングス特有の糸で引っ張るように空気を巻き取って揺らす音に触れたり良き夜で(・ω・)

レルエって5人編成で出てきたストリングス入りのバンドさん、現時点で既にカラフルな色を散りばめて、ベースとバイオリンが横に引き上げるように揺らして綺麗な色が出てたけど。
なんだろう、もっともっとドラムとベーズの音が溶けて巻き込むように絡んだら、カラフルが上昇する渦に化けてもっともっと綺麗な風景が視れそうな、そんな期待感の沸く色のバンドだったのだ(・ω・+)


そんな素敵空間だった青山の夜、の一つだけの難点は。
現代風のデジタルサイネージ系のイメージパネル照明があるんだが、化け猫ポチに視えている音の色や景色と画面に出てるもんが全然一致しないこと(°ω°;)

まぁ、普段からライブのタイプにもよるけど、聴きこみたいときは8割がた眼を閉じちゃってるから関係ないっちゃ関係ないのだけど。
少なすぎる登録画像のパターンから無理やりVJ当て込むから、朝日の唄で画像どう見ても夕暮の空の絵だったりとか。
カタオカセブンの、燃えゆくってアコギだけどごりっごりに夢追い人の漢の唄なのに、赤系の地に「☆」マークがポップに画面に浮遊しておったりとかね。

「使いこなせないハイテクは、無い方がマシ」ってヒシヒシと、苦笑しながら思ったりもした夜だったのだ。

posted by ノラ猫ポチ at 10:49| 神社猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする