2017年11月09日

抜き足で視界をサッと横切って

DSCN7192.jpg



もったりと白む窓辺を眺めつつ、今日も1猫写真をUP(ρω*)゜o。



猫ブログランキングに参加してます。
下の半野良チッチさんの肉球を、ぷにっと応援お願いします(・ω・)

にほんブログ村



自動更新で仕込んでおいた毎年恒例のノラポチカレンダー更新が始まって、年末感漂う11月(°ω°)

この1年、当初の予定なら6〜9月くらいの時期で、次の目的地へと舵切る予定で数年前から準備してたけど。
背負いきらない前提で受けた筈の役目が、一番下っ端なのにカッツリ自分主導になってたり。
色々とこの先々でも使える経験値にはなってるが、ホント思うようにいかんわい(°ω°`)

こっからの1年、やっぱ何度2018って数字で運気の流れを化け猫のカンで視ようとしてみても、最後の8って数字のはじっこが少しだけ白んで視えるだけで暗くて他が見えんのだ。

既にニュースで物騒な押し売りとお買い物の話題を、さも良さそうに流しておったりとかしてるけど・・・

オイラは、無用な殺生させられるのも、大事なモノ壊されるのも御免だし。「生活のため」なんて目先に捉われてソレに参加することでお金が儲かるのを良しとするような、そんな世の中になんて加担したくはねぇわいな。

「人が人を殺す道具を作る世の中の、どこに平和があろうか」ってのは。
もう14年ほど前、下北沢で手にし今もオイラの首からぶら下がっている、デフォルメ型ベアパウ(熊の手)のモチーフを切っ掛けに知ったホピ族の酋長の言葉だったけど。

意図的な誰かが誘導する荒れの時代が来たとして、知らずに加担させられるよな愚だけは犯ずにいたいわな。

聞こえのいい言葉が好まれるのは、今も昔も大して変わらないのだけれども。

「立ち止まってはいられない」とか、
「過去を振りかえってなんかいられない」っていう、
ポジティブさの代表格みたいな言葉ってのは。

過去の事実を振り返られると都合の悪い側に、とっても好都合で有効な。短絡思考を誘導する、呪いの言霊だなって最近の流れを視てて思うのだ。

posted by ノラ猫ポチ at 08:00| 疾走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする