2017年10月09日

夕暮の路地にちょこんと黒い影

FSCN6821.jpg



ようやっとブログサイトに繋がって、昨日の余韻に浸りつつかなり遅めの今日も1猫写真をUP(・ω・)ノ

どうしても高高-takataka-この唄とか

高高-takataka-/Yellow https://youtu.be/5gjXXjSCaGo

COUNTDOWN JAPAN の投票サイトに公開されてる、2nd mini albumの1987っていう曲とかが。
どうしても無性に聴きたくて、ソワソワしてたら奇跡起き撤収時間が早まってライブに行けた日曜だったのだ(・ω・+)


猫ブログランキングに参加してます。
下の半野良チッチさんの肉球を、ぷにっと応援お願いします(・ω・)

にほんブログ村


普段通りなら氏青の鉢洗い兼親睦会で終了予定が16時だと、そっから片付けで小一時間日没前に帰れればマシな方。
片付け終わり後2次会的飲み直しに行っちゃえば、それも大事な交流の場ではあるんだが翌日が休日じゃ深夜まで帰れないコースほぼ確定。
しかも、庶務的な役目上、個人情報満載な青年会の入会申請書だったり重要書類も束で預かって持っていて、家に置きに帰らずに遊びに行ける選択肢ナシ。
で、観たい高高は出演早くて18:10〜。

これでライブに行けるとか、天地がひっくり返らなきゃありえない筈だったのだけれども。
何故か15時に一端の中締めをしたとこで、全体が片付け開始ムードになり。ポチ助がお金や書類の閉め処理の、確認なんかをしてる間にサクサク片付け進んでて荷物がトラックに積み込まれ。
で、運んだ先での片付けも人手が余りそうな人数先行で行ってたし、ダメ元で「行ったほうが良いっすよね」と聞いたらばいっぱ居るから今回は行かなくてよくなって。
ここまで行けと言わんばかりに運が巡るならってことで、2次会組のとこに顏だけ出して
「お疲れ様でしたぁ!オイラ今日は観たかったライブ有るんで下北行かしてもらいます!!!(・ω・)ゞ」、って半ば強引に挨拶でだけして強行し、自宅経由で荷物置いて着替えて下北直行に。
自転車置き場まで行く余裕はちょいとなく、少し手前のチャリ止めやすい某所に自転車サッと寄せ。どうにか18:05ちょい過ぎの、某ライブハウスに滑り込めるとか・・・
流石は諦めの悪さでやりたい事を引き当てる、強運の化け猫ポチなのだ(・ω・´)
 

そんなこんなで、奇跡起き久々浸った音たちは・・・

高高の2人にしては珍しく、緊張と不調っぽいの味のピリピリさ纏ってて。ポチ助の好きな音の鼓動の脈だとか吹き抜ける風の景色の色合いが、ぶつかって上手く混ざりきれてなかったり、たまに乱れて走ったり。
そういうとこもひっくるめ、人間らしい揺らぎとかそういう部分は物凄く鳴り響いてはいたりして。
そんでも気分的に一番聞きたかったYellowの終わりのほうで、少し何かが解けたか舌先がピリピリするような微かな苦味もだいぶ消え
お嬢の形見の猫鈴を無くしてからフラッシュバックしていた色々が、音に声に言葉に揺られて渦巻いて
「このままの余韻で帰りたい(・ω・`)」って、その後に他にも好きなバンド出るってのに思わずよぎった下北の夜。

でも、久々のin stateはやっぱりミッキーちゃんワールド炸裂で、どんな気分のときだって物凄く笑顔になれちゃうし。
初めて観たBARICANGってバンドは、you're my sunshineって曲の時だけだったけど、ちゃんと歌ってる言葉と出てる感情の色が綺麗に混ざってて、うっすら青味のある光がキラキラと揺れながら溢れてて綺麗だったのだ。

で、最後は主催のjimmyhatってバンド。実は、前に佐倉で観た時は、ベースの音が心身どっちも不調になるような胃から下潰される波長でておって。
柱の陰に逃げながら、「曲の感じや言葉は嫌いじゃない、嫌いじゃないけどムーリーだー(・ω・`)」ってなった人達だったから、ちょっと身構えてたのだけど。
ガツンと音が響いても不調になるような音の波長は出てなくて、音のバランスが絶望的な佐倉のステージの構造の問題か、その時の色んなものの兼ね合いが原因だったのか、今回は逃げたくなるような事も無く。
ただ、なんでか暑苦しいこと歌っていたりとか、前向きっぽい言葉歌っていたりとか、「笑う」とか「笑え」って言葉を発するとき笑った表情するのだけど。裏腹に演奏や歌声に、感情の色味や体温や味がほとんど視えなくて。
でも微かに痛覚をむりやり感じないように、圧縮して圧縮して押し込めて無感覚にしようとしてるよな、そんな歪みの感覚か。本当は瀕死の状態で、無表情で耐える猫達や鳥達見てる時のよな。無意識下に心配な気分が湧いてくるような、眼の中の揺らぎが微妙にチラついておるようになぜか見えちゃって、思わず凝視してしもうたわい。
でも1曲だけ「カミサマなんかよりも僕らはずっと優しい」みたいな歌詞が出てくる曲の時、そうあって欲しいって思いがオイラの中にも潜在的にあるからなんだろうけども、空気がふわっと和らいでソレはなんだか良かったのだ(・ω・*)
posted by ノラ猫ポチ at 21:16| 路地猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする