2017年09月21日

草葉の陰からひょっこりと

DSCN6144.jpg



SDカードのデータを、移動しようと思ったら・・・処理が途中で固まって今日も1日1猫写真UP(°ω°)ノ



猫ブログランキングに参加してます。
下の半野良チッチさんの肉球を、ぷにっと応援お願いします(・ω・)

にほんブログ村



昨日はどうにも調子出ず、自宅で出来る作り物とかを黙々と進めていたもんで。
今日は発注品の引き取りその他諸々回りつつ、うっかり期日が過ぎていた自転車の損害保険の更新で1年点検と契約更新へと行ったらば・・・

「これだけペダルの軸がガタツクと〜・・・」とか
「この防犯登録Noだと最近の人と2万番とか違うんで、4〜5年前とか相当古いと思うんで〜・・・」とか
「今ここを修理しても、これだけ古いとすぐタイヤの軸とかも〜・・・」とか
何かと理由をこじつけて、新しいもの買わそうとする自転車屋のチャラそうっていうか明らかにチャラい若造に。

「でも、色とか気に入っているものだから、部品交換必要なのはわかってて持って来ているし今回は修理でお願いします(・ω・)」って言ったのに

「この自転車くらい安いタイプのものだったら、同じランクものが2万円台なんでぇ〜、修理するのと値段あまり変わらなくなっちゃうかもなんでぇ〜、そんなのを直すくらいなら、僕は買い替えるのお勧めします」としつこく食い下がられたけど。

「ん〜・・・それでも買ってもらったものだったり、修理しても極力使いたいものなんで。まぁ、今回は保険更新に必要な範囲の修理と籠の交換だけやってください(・ω・)」って言い切って、物凄くブツブツ嫌がられつつ。
修理担当のポチと同世代くらいのオッチャンが、引き継いで細部を見てくれてるのを確認し。
言われた時間をちょい過ぎたころ、引き取りに行ったら・・・

「えっと、修理内容が後輪のブレーキローラへの専用の油の給油と、チェーン交換と〜・・・あとグリスチャンバー・・・って言う・・・まぁわからないと思うんですけどそういう名前の部品があってぇ〜、ソレのグリスアップと〜・・・後は籠の交換に保険の更新費用も込みで・・・」

で、1万9百円ちょこちょこ。

まぁ、毎年保険更新時に、ちゃんとメンテしてもらってるしね。
そもそも、月に多くても10日乗るか乗らないか。一度の走行距離も往復数キロ〜10数キロ程度、稀に多くて30キロとかだしね。
今回溶接部が割れた籠の買い替えもしてるけど、それでもそんなもんだろうと思ったよ(・ω・)

どのみち新品購入しても、安いチャリに最初に着いてるタイヤだと廉価版で摩耗早いから、持って1〜2年くらいだし。
ブレーキパッドやワイヤーも、本体の新旧問わずポチ助の握力だと2〜3年くらいで交換だし。
結局1〜2年後の保険更新のメンテにかかる費用なんて、買い替えようが買い替えなかろうがそんなに差はないはずだもの。

しつこくって面倒だったから、黙らせるために言っちゃっても良かったのだけど。
あえて対応見るために、ポチ君自体が機械科上がりの元メカ物の修理屋って言わなかったのだけれども。
相手が無知っぽい素人だと見立てたら、大して古くない物を古いと言い張って買い替えさせようとするこのせこさ。

例え若造君曰くの『安物』だろうとも、国内規格を通っておる自転車で。
更に、連日の過酷使用をしとるとか、特殊な劣化条件の使用環境下でもないもない状態で。
しかも若造君曰く『安っい自転車』な最大の理由の、ギアチェンなしな故障の少ない単純構造(ボケ猫全開のうっかりポチ兵衛は、値段云々じゃなく誤操作が危うくてギアチェン有のチャリは使えない)のものなのに。
10年持たずに軸受け側が修理できんほど摩耗するだとか、買い替えの方が安いレベルの過度の部品交換頻発とか、んなことある訳ねーだろと(・ω・`)

そして、「わからないと思うんですけど〜・・・」って、こんな見た目なオイラでも君よりメカ物全般詳しいし。君がどこを理解できていないかも、レシートの整備内容と説明の不整合や説明の淀み迷いで全部わかるよ言わんけど。とね(ФωФ)
(このチャリにチャンバー?って思ったら、実際はレシートの記述もペダル回した感触も、BB=ペダルシャフトのベアリング部のグリスアップをしてあった)

整備したオッチャンはちゃんと良い仕事してくれておったから、今回は交換無しでブレーキの効きもしっかりしていたし、チェーン交換とグリスアップでタイヤも軽くなってたし、もちろんペダルのがたつきも締め直しで綺麗に収まってたわい。

コレ、メカに詳しくなかったら、捨てないで乗れるチャリ達もああいう勢いで買い替えさせられちゃうんだろうなって、帰宅しながらふと思い。

本当に、金儲けのためなら無駄に物を捨てる世の中よの(・ω・`)って、なんだかなぁな気分になったのだ。



ラベル:ブチ 白黒 お寺猫
posted by ノラ猫ポチ at 02:44| お寺猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする