2017年07月14日

『番外編』怪しい雲間に光射す

RSCN0001.jpg



窓開けて夜風を取り込みぼんやりと、珈琲飲みつつ・・・先週のいつかの空写真をUP(°ω°)

太陽が、焼き殺しにくるようなこの今日この頃。
暑いの苦手な猫だから、抜けるようなド快晴の夏空より表情豊かに変化する曇のある空の方が好きなのだ。



とりあえず、直近の目標設定として1年後にポチが居なくても滞りなく機能して、5年後によりその時の人達が動きやすい体制に容易に修正できる土台を造るって前提で諸々考え練ってるここ最近。

目立つことやってりゃ賛否両論、っていうか閉鎖的な村社会だと圧倒的に否定の言葉を浴びせられるってのは誰しも通る道なのだけど。
特に多少なりとも活動資金が動くような組織で関わる人数が増えてくると、『何のための集団なのか』とかとか『何のための会員集めなのか』とか『何のための会費の徴収なのか』とか、ソコの目的や目標をしっかり定めて誰の目にもわかるよう明らかにしてないと後々の不平不満や揉め事の火種になるなぁと。
運営資料の土台を頭からPCに出力しつつ運の流れを眺めてて、運営体制の整備よりまずはソコだなとなんとなく思った木曜日。

特に企業団体みたいに純粋に共通の営利を求めるものでもなく、だからと言って個人の趣味のサークルやクラブ活動みたいに趣味や気の合う個人が自分の意思で好きに集まるだけの集団でもなく。
『氏神様や産土様の神社やお祭に接点のある関係者』っていう共通項はあるものの、いわゆる宗教団体のソレとは別物で共通の宗教観や信仰心があるって訳でもなく。
祭や神輿が好きで参加しているっていう建て前ありつつも、町会その他の立場上の関連での参加者も少なくない訳だから全員が前向きな参加って訳でもない。

しかも活動は神社や地域への『奉仕』が基本のものだから、祭礼その他行事となれば準備から片づけまであらゆる労力は無報酬だし、なんなら奉納として資金も出す側だし、更に当日の運営では安全管理なんかの責任も負う。

って、自分でだだっと書いてみて、もぉポチ助みたいに『オイラァ神輿が大好きだ!特に自分の里の神輿は別格だっ(・ω・+)』って祭バカじゃない人が、氏子青年会に積極参加する理由って

ソウイヤドコニアルノダロ???(°ω°)???

ポチ君の神輿好きはどうやら『普通じゃない』らしいってのは、今年入ってからも方々で言われてて
「え?そなの???(°ω°;)???」ってなりつつも
「そう・・なのか?(°ω°)」くらいには最近は自覚しつつはあるんだけど。

オイラにとっちゃ神輿倉開けて日がな一日神輿磨いてるのなんてこの上ない幸せだし、神社の落ち葉掃きとか空気きもちくて落ち着くし、色んな神輿の彫り物や組み方観察して比べたり色々教えてもらえるのワクワクするし、祭場の熱気や活気の空気感は観てるだけでも血が騒ぐし、樹が鬱蒼とした神社仏閣ならいくらでも風を眺めながらボ〜〜〜〜っとしていられるし。
ソレが普通なオイラには、やっぱ世間的な普通の人達の感覚ってのがなかなか想像がつかないのよな(°ω°;)

お祭や地域の伝統行事って、オイラの中では子供の頃楽しいも悔しいも色々ありつつワクワクしながら参加して。
で、そのワクワクする体験の場を作ってくれてたのが、地元の大人達なんだってのを裏方もしながら見てきてて。
んで、その自分がワクワクしたものや大人達にしてもらってきた楽しいことを、次の世代に繋いで渡せたらそれが何よりって感覚なのだけど。

『自分もなにかをしてもらってきた』っていう体験のない層に、同じ感覚をもてってのはどだい無理な話だし、そもそも強制するもんではないのよな(・ω・;)

って考えると、思いつきと言われようが「みんなでこんなことやろう!やってみよう!」って前向きな意思と明るさで人を引っ張れるようなリーダー達の存在ってのは、この手の場所にはホント重要なのだよなと。

で、そんなリーダー的な人達とはまた違う軸に飄々といて好きに獲物追っかけられるドラ猫は、そんな人達が義務感や柵で身動きできなくならんよな獣道の開拓なんかをするとこに本領があったりするのよなと。
んでもって、ここ最近そんな気ままな立ち位置でちょいちょい機運を眺めてて、早々に解消しとかにゃまずそうな不安要素のネズミの影をを化け猫のカンが微妙に察知しちまっておるんだよなぁ・・・決定的に(°ω°;)

不安があるなら、不安が無くなる方法を探して嗅ぎ分け掘り当てろ。
自分に出来ることがあるのなら、なにはともあれ全部やれ。
が、オイラの基本のキなのだし

まぁやれること全部やったらば、後はなるようになるのだから・・・
まずはやれること、気付いたことからやったるわい(・ω・´)


posted by ノラ猫ポチ at 00:54| 猫以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする