2017年06月14日

『番外編』マニア向け_ノラ猫ポチの神輿の肉球コレクション6月編(6/17貼り忘れ写真追加)

DSCN3641.jpg


DSCN3639.jpg



煮詰まって冷めた珈琲飲みながら、気分と頭の切り替えに今月ワサッとまた増えた神輿の肉球写真をUP(・ω・)ノ

今月また増えた神輿の肉球コレクションで、ダントツでポチ好みだったのがこの子です(・ω・+)

肉球のリアルな立体感もたまらないのだけど、玉入りの抜き加工の鞠から出る紐の結び目や巻きつき方だとか細部まで精巧でもう・・・たまらん(´ω`*)



DSCN3644.jpg



で、同じ御神輿でも違う柱では紐を咥える向きが違ってて、こっちは手に絡まってなかったりとか。
この御神輿は本当に職人さんの拘りや絵心が満載で、他にも桝組下の十二支の生き生きした仕草や表情とかその他諸々時間が有ったらず〜っと果てしなく観察してたくなるポチ好み逸品だったのだ(・ω・+)


DSCN4038のコピー.jpg



んで、やっぱり中神輿の獅子たちは塗で彫りが潰されることもなく、むしろ表情が際立ってて筋骨隆々な迫力が怖いくらいでカッコイイ!

他にも

こんな子や
DSCN3652.jpg



こんな子や
DSCN3649.jpg



こんな子や
DSCN3655.jpg



こんな子や
DSCN3631.jpg



こんな子や
DSCN3628.jpg



木鼻じゃなくて桝組でちっさいけれどもこんな子や
DSCN4374.jpg



子供神輿の極小な指先サイズで流石に肉球はないけれど、顏がヒョウキンなこんな子や
DSCN4398.jpg



今年は今まで観られていなかった御神輿も休憩の合間に駆け抜けてみたりとか、開催日が重ならなかったおかげで明るい時間に見られたりとか。
「うおぉぉぉ、コレうおぉぉぉぉ(・ω・+)」って、神輿に張り付いニヤニヤしながら写真撮ってる怪しいやつ全開で方々廻れたとても贅沢な6月に。

ごくごく一部のマニアな方々にしかウケないけど、意外な事にじわじわマニアな人が増えていて、照れつつ嬉しい今日この頃。
御神輿は本当に細部に職人の拘りが散りばめられていて、何時間でも何日でも何年でもいくら見てても飽きないし。
身近な町のそこここにある御神輿の良さに気が付いてくれる人が、少しでも増えてくれるのオイラァ本当に嬉しいです(・ω・*)

町会の神酒所に置いてある町の小さな小さな子供神輿とかも、大人神輿より遥かに年代古くって小さいのに精巧な彫の逸品(既に途絶えた神輿名工のとかも結構ある)や、実は町の大工さんや器用なお爺ちゃんの手作りで子供達喜ばせたい優しさ満載の個性派の逸品とか。
わりと雑に扱われてる事も多いけど、本当に良い物や貴重なものが多いから大事にしてもらえたらいいなぁと思うのです(・ω・)



その他の今まで撮りためた神輿の肉球は
【神輿の肉球・獅子くらべアルバム】

ポチの好きな生き物?の彫を中心に、獅子や龍も含めたパーツ撮り写真は
【神輿に住まう生き物アルバム】


ラベル:獅子 肉球 神輿
posted by ノラ猫ポチ at 12:22| 神輿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする